« 2006年1月27日 |メインページ| 2006年2月 8日 »

2006年2月 5日の記事

2006年2月 5日

頑張る孤独な蕎麦屋親爺?!

『関東は雪』のところに、今日、
「二日目の夜のお楽しみが またまた増えましたね!
 詳細は...蕎麦屋親爺さんのお部屋にどうぞ☆☆」
というコメントをいただきました。それで、この際、
第8回小樽雪あかりの路のお祝いと、お忙しいさ中のお見舞いと、
私がブログを始める契機となったブログのリニューアルのお祝いを込めて、エントリーをひとつ...。

 
●蕎麦屋親爺の独り言 :籔半・日本酒新ラインアップ! と、籔半・新純米酒ラインアップ紹介!
を拝見しました。お忙しい中、お店もサボってはいなかったようで...。
ただ "孤独な" は、どうも眉唾のような気がしてなりませんが。

籔半に伺う都度、あの重厚なメニューを読みながら、"まつる" か "かく" を一杯頂いて
います。でも、いつも途中で目が朦朧としてしまって、読みきれません。
こっそり1冊失敬しようとも思ったこともありましたが、まさかそうもいかず、ならば、
角を折って、次は続きから読み始めれば ... とも考えて、それも忘れてしまって。

そこに、今度はまた、豪華な日本酒の新しいラインアップが!
1回に1種類いただいても、これから何年かかることか! それに、刷り上ったばかりの
新しいメニューに折り目をつけるわけにもいかず...。

     ☆

 『街への "想い" をはかないキャンドルの燈火にたくし、冬の幾日か小樽の街は
  小さな燈火で埋め尽くされます。...」

...と書かれた、雪あかりの路がもうすぐ始まりますね。もう8年になると思うと
感慨深いものがあります。そして、開催を心からお慶び申し上げます。
会期の結び近くになりますが、今年もまた楽しみたいと思っております。

P.S.
 ...ということで、蕎麦屋親爺どののお忙しさの隙をついて、このエントリーから
トラックバックをお送り致しますが、もしお目にとまっても、コメントのご心配は
なさいませんように。
 (そのお時間がありましたら、どうぞ、雪あかりのテントにも激励にお出かけください。)

Permalink / コメント (11) / トラックバック(0) / 小樽へ

« 2006年1月27日 |メインページ| 2006年2月 8日 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.