« 2006年2月19日 |メインページ| 2006年3月 1日 »

2006年2月27日の記事

2006年2月27日

あなたは何を伝えましたか。小樽発、雪あかりの路のブログ

小樽雪あかりの路8年目の今年、言葉をつくして感動を語る
旅行者たちのブログよりも幾分か控えめに、しかし、誇らしく
自分の街のイベントを伝える小樽の人々のブログを見つけた。
それは、嬉しい発見だった。

  ☆

(画面の画像はブログのメインページに、記事のタイトルは直接その記事にリンクしました。)

happiness happens: 第8回 小樽雪あかりの路
『回を重ねるごとに盛り上がりをみせ、イイ感じです。... 普段は何気なく通り過ぎている小路や空き地にも灯りが点され 歩く目線も変わり、寒さを忘れてふと立ち止まったり。』
自分の街のイベントをこんなふうに自然に書けることを、うらやましく思いました。
削除しちゃっていいですから...と私が書いたコメントを、カルボナーラ綺羅綺羅さんは、そのまま残してくださっています。南樽方面の方でしょうか。

ひよこ王国: 雪あかりの路
『今年で8回目になるこのイベントは
今や雪祭りと並んで北海道の冬の一大イベント?となっています
おいらはとっても地元びいきなので
雪祭りなんかよりよっぽどいいと思います』...と書いた カリメロ さん。
試験 "ぎりぎり通過" おめでとうございます。

Low life in High places.: 小樽雪あかりの路
『期間中小樽市内はそこかしこでスノーキャンドルが灯されます。
住宅街の交差点でも、居酒屋の軒先でも、バス待ちの停留所でも、いま自分がいる場所、そこが雪あかりの路になります。』
hamayo さんのこの文を、是非、書きとめておきたいと思いました。


写真とエッセイ - 趣味で撮った写真・・・: 「雪あかりの路」始まりました
『 昨日から始まったのですが、一昨日が大雪で、小樽市内41センチの降雪(一日で)というとんでもない朝を迎えてのスタートなのです。でも、幸いなことに、その後はさほど雪も降ることなく、昨日、今日と絶好の「雪あかりの路」日和となりました。』
と書いたmasakaeさん。期間中の綺麗な画像が載っていました。

今日まで そしてあしたから: 冬の小樽にて
『ただ今小樽では「雪あかりの路」というイベント開催中。
街中あちこちにろうそくの灯がゆれて、白い道にあたたかな影をつくっています。』
と書いた zou さん。
サブタイトル "今日のできごとを忘れないように。あしたがいい日になるように。" もいいですね!

チカチカ☆日記: 小樽☆雪あかりの路
『昨日の仕事帰りに運河の倉庫群周辺を通ると
道路脇の雪山には無数の穴が。
さすがに一日早いかったので、
まだ灯りは入っていませんでしたが、
明日の夜にはキャンドル独特の光がゆらめくことでしょう。』
と書いた チカチカ☆ さん。おいしそうな記事がたくさん載っていました。

Gotany: 小樽雪あかりの路
『このタマゴオブジェを作っていると、通りすがりの人々がみんな「これから何になるの?」とか、「コレ何?」などと、聞いて来ます。』
オブジェ作りに参加したEVさん。
オブジェの"最終形態"の画像も載っていました。

洋菓子屋の一日日記: 本日は生チョコセット
『私はこのイベントが好きです。子供の頃を思い出し、雪の中遊びまわり、暗くなって
フッと家の明かりが灯り家路へと導かれる・・・
暗いはずの夜が薄明るく、雪とのコントラストがとてもきれいでした。』
北海道の昔ウォール街と呼ばれた街の3代目に嫁ぎました...という一紗明美さん。
  ※2月10日の「本日は生チョコセット」は現在も上のリンクで読めますが、
   一紗明美さんのブログはその後、『洋菓子屋の日記』に引越しされました。
   現在のタイトルは『~小樽米華堂より愛を込めて~ 明美ちゃんの独り言』です。

 ☆

そして、
次の方々のブログも、ずっと注目していました。

蕎麦屋親爺の独り言: 2006小樽・雪あかりの路Vol.8オープン
『今の時代一番の贅沢「静けさ」そんな祭・雪あかりの路をお楽しみください。』と書いた蕎麦屋親爺さん。この記事を読んで、私も手宮線会場で、ボランティアの方と少しお話しました。手を休めて私の相手をしてくれたその方の笑顔は、キャンドルと同じくらい輝いていました。


ぱんだの村: 待ちに待った!【雪あかりの路】スタートです!
期間中、しろぱんださんは、連日のように記事をアップされていました。
初日の運河会場のプレートを見て、気がはやりました。
イベント終了後のタイトル『ここに"ハート"がありました!』が印象的でした。

Permalink / コメント (9) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

« 2006年2月19日 |メインページ| 2006年3月 1日 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.