« 2006年5月 |メインページ| 2006年7月 »

2006年6月の記事

2006年6月 1日

天狗山の残雪

4日目の15日は、アルチザンでコーヒーを飲んで、都通りと運河プラザで少し買い物をして、荷造りを済ませホテルに預けて、その後、天狗山に登って夕方までのんびり....
と思って出かけました。残雪が陽に融けて輝いていました。
(ロープウェイは、強風で止まっていました。)

 




  今回写した画像です。
  ハスカップさんたち雪あかり5人組の皆さんのために、場所を書いておきますと...

  小樽駅前、小樽工業高校前、緑小学校の上、小樽公園のグランド、奥沢の高砂橋、
  運河公園、手宮公園、運河プラザ前、旭展望台への途中、小樽商業高校下 です。

Permalink / コメント (4) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月 2日

ふと思いついて旭展望台へ



4日目は天狗山に登って夕方までのんびり...と思っていたのですが、ロープウェイは強風で運行中止でした。
切符売り場の前でひと休みしながら、さて、これからどうしようか考えました。

トコトコ歩いて下って、カネサ珈琲に寄って... いや、あの辺にスタンプラリーの喫茶店があったから、そこに寄って... 小樽公園にもう一度行って... それから、遠藤邸にも寄ると、ちょうど時間もいいかな...と考えて外に出たとき、

   そうだ。ここがダメなら旭展望台だ! と思いつきました。

今から思えば、あの時、「そうだ。ロープウェイがダメなら自力で登るか」と思いつかなくてよかったです (^_^;) 

 (画像の続きは、また後ほど。)

Permalink / コメント (6) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月 3日

手宮線の春 2006

滞在中の5月13日に、雪あかりの路実行委員会の呼びかけで、手宮線の清掃活動が行われることを出発前に知りましたが、時間がとれず参加できませんでした。
手宮線にはまだ雪が少し残っていて、桜が満開でした。


  タンポポ、ヒメオドリコソウ、そして、青い宝石のようなオオイヌノフグリも咲いていました。

 




 中央通りから手宮側も、少し見ることができました。

Permalink / コメント (11) / トラックバック(1) / 小樽へ

2006年6月 4日

続・白い街の達人



左は5月13日に、最上のカネサ珈琲から洗心橋に下る途中に写したものです。
右は『白い街の達人』のところに載せた、去年12月19日の画像です。
これだけ感じが変わるんですね!
 


   カネサ珈琲の前は花が咲いて、帰り道も桜を楽しめました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

ホッと...珈琲たいむ


     小樽喫茶店スタンプラリー 「ホッと...珈琲たいむ」の、私のカードです。
 


喫茶 北運河、cafe あんな、洋菓子・喫茶 米華堂、THE JAZZ HIDEAWAY CAFE Free-Lance、喫茶 アルチザン に行ってみました。

11店のうち、とりあえず6つ回るとプレゼントがもらえるのですが、今回私が行ったのは5つでした。

  ひとつ残したのが、くやしいと言うか、奥ゆかしいと言うか... :-)

もしかしたら、次回のために "未完" のままにしておこう...という心理が無意識に働いたのか。
(考え過ぎかもしれないです。)

期間が8月20日までですから、スタンプを増やすのは難しそうです。
それに、今回の5店はどこも、是非もう一度行ってみたい素晴らしいところばかりでしたから、
期間中にもう一度小樽を訪れる機会があっても、私のカードは未完のままになりそうです。
 
    ・北運河~小樽喫茶店スタンプラリー(5月12日)
    ・あんな(5月12日)
    ・スタンプラリー、3店めは米華堂(5月13日)
    ・Free-Lance と桜(5月14日)
    ・アルチザンでキリマンジャロ(5月15日)

Permalink / コメント (25) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月 6日

街園



   5月15日、浅草橋と中央橋の街園。
   春の光があふれていました。

 


   3か月前、雪あかりの路の時の画像です!

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月 9日

「寒くないですか?」

 「うん、それは大丈夫。」
 「これでも小樽は、もう春ですよ。」 と
   少女は言った。
  少女がそう言った瞬間から、 世界はいっせいに
  春になった――。 


 ちょうど、あの映画のシーンのように、3日めの5月14日は、
 コートが邪魔にならない気温でした。
 午後はだいぶ暖かくなって、 "はるかの丘" や "風かがやかし丘" を
 快適に歩きました。
 


   あとは、シャツ1枚で、気持よく風を感じました。

Permalink / コメント (22) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月10日

手宮の十間通り

("十間坂" と書くほうがいいのでしょうか? >fisherman さん。)

手宮西小学校の "はるかの丘" を下って手宮公園に向かう途中、ここに出ました。
以前は浄応寺の坂を登りましたので、ここから眺めるのは初めてです。

時計塔が見えて、あっ、ここがイカ電祭りの会場? と思って、写真を撮りました。

Permalink / コメント (3) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月13日

澁澤倉庫のツタ

この画像の時から、もう1か月になります。
きっと今頃は、初夏の光を受けてキラキラ輝いているのでしょうね。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月15日

あれから、もう1か月


  第1日、中央橋。今回のスタートの画像です。
  風を感じならが歩いた4日間。あれからもう1か月。

Permalink / コメント (3) / トラックバック(0) / 小樽へ

2006年6月17日

この次会える時は...



芽吹き前のプラタナスに、春の光が注いでいました。

次にこの木に会えるのは、秋になって葉が色づいた時か、日銀通りが初雪で薄化粧した時か、もっと先、根元にスノーキャンドルがともる時かな...

      ☆

  画像を選んでまた載せるかもしれませんが、5月12日~15日の小樽滞在記の
  エントリーは、ひとまず、おしまいです。
  (引き続き、コメントどうぞよろしくお願いします。)

Permalink / コメント (76) / トラックバック(0) / 小樽へ

« 2006年5月 |メインページ| 2006年7月 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.