« 2006年12月 5日 |メインページ| 2006年12月10日 »

2006年12月 9日の記事

2006年12月 9日

fisherman & ゴジラ / 海は一つ

ゴジラ vs fisherman (2006.2.17) の続きを作りました。

釣った(釣るハズだった)魚のことだけではなくて、
いろいろ楽しいお話も聞かせてください。
fisherman さんの「にるす1号」もいったん陸(おか)に上がったことですし、
陸の話題も、どうぞご遠慮なく。(^^)

いつか、雪あかりの路のキャッチフレーズに、
「ゆっくり、ゆっくりと、幸せになろう。」というのがありましたね。

このエントリーも、ゆっくり、ゆっくりと...。

Permalink / コメント (33) / トラックバック(0) / fisherman

塩谷線は17番

少し間があきましたが、前回の小樽滞在の最終日、11月4日の
足取りです :-)

十三夜の夜はかなり夜更かしでした。6時ごろ目が覚めると、ちょうど
朝日が昇るのが見えました。

お酒も少し残って頭がぼぉ~としていて、
あ、カメラだと気が着いたときは、太陽はもう雲の上でした (^_^;)

 
遅い朝食を済ませて、あまとうにお土産を買いに行って、宅配の箱に
詰めて、帰り道に持って歩かなくていいものも一緒に詰めて、ほとんど
空っぽになったカバンもホテルに預かってもらって、塩谷に向かいました。

伊藤整の文学碑を一度見てみたいと、ずっと前から思っていたのですが、
まぁいつかそのうちに...ということにしていました。前日の3日も
カネサ珈琲かどこかで塩谷の話題が出ましたが、今度いつか行ってみたいな
ぐらいに考えていました。

和光荘にも平磯公園にも中野植物園にも初めて行きましたので、最終日は
もう「オマケ」のような感じで、夕方までのんびりするかな...。
そうだ塩谷に行ってみるか、と、ぼぉ~とした頭に浮かんだんです (^_^;)

ネットでダウンロードしておいた路線図を見たら、塩谷線伊藤整文学碑前行きは
17番でした。

ホテルから日銀通りに出て手宮線を歩いて、中央通りを駅前に向かって歩道橋の
下の信号を渡ろうとしたら、信号待ちで止まったバスが、17番!

国道の横断をバスと競争で走って、バス停に先に着いてうまく乗れました。
昨日の「ぱるて築港...」もそうでしたが、今回はバスにツイてると思って、
自分でも思わず笑ってしまいました。

長橋から先は、未体験ゾーンです。

Permalink / コメント (1) / トラックバック(0) / 小樽へ

« 2006年12月 5日 |メインページ| 2006年12月10日 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.