« 2009年2月15日 |メインページ| 2009年2月23日 »

2009年2月22日の記事

2009年2月22日

小式部内侍

「大江山いく野の道の...」と、上の句が読まれたら、
「まだ文も見ず...」の下の句の札を取る――
そんな気取ったことをしないで、ずばり下の句を読んで下の句の札を取る、
それが北海道の「下の句かるた」。
  
ということを、私はつい先月まで知りませんでした。

 
そろそろ旅行カバンの支度をと思った1月下旬、出先で手にした新聞で
歌が書かれた札の写真を見て、ああっ、そうだったのか!と気がつきました。


上の画像は運河の宿おたるふる川のルームキーです。

カナルJ・Bインから今の名前に変わって、間もなく6周年。
今まで何度も手にしているのに、これが下の句かるただったのを知りませんでした (^_^;)

「今までずっと知らなかったんですけど、これ、かるたなんですね」と
帳場で言ったら、「そうなんですよ。」と笑って答えてくれました。
 


 ふる川では、スタッフの人がストーブでろうを溶かしてワックスボウルを
 作っていました。私の滞在中もずっと玄関前にあかりがともっていました。
 


 カナルのルームキーのレプリカと、2001年の雪あかりの時の様子です。

   ☆

百人一首では、周防内待の「春の夜の夢ばかりなる手枕に...」の歌が好きですが、
だいぶ前、式子内親王に興味を持って「式子内親王御歌集」という本を買ったことが
あります。(例によって書棚の奥にもぐってます。)

その式子内親王をネットで検索したら、次の歌がみつかりました。
  夕まぐれそこはかとなき空にただ
  あはれを秋の見せけるものを

小樽の石川恵さんもこの歌をご存知だったのかもしれません。
リンクです。
石川恵の「恋する暮らし」 雪の小樽の夕まぐれ

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

« 2009年2月15日 |メインページ| 2009年2月23日 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.