2014/02/05 (水曜日)

あの日の小樽運河へ

去年2月の小樽滞在記がずっと未完のままでした。
今年の雪あかりが始まらないうちに、急いで続きを書きます。

2013年2月16日、3日目のこの日、潮見台で道に迷いながら、なんとか
和光荘にたどり着いて、その後、地元の fisherman さんと合流して
松ヶ枝町の Luna Park で鉄板ナポリタンをごちそうになったところまで、
去年4月に書きました。
 潮見台彷徨(後編)

去年は、7月の住吉神社の例大祭に合わせて小樽を訪ねる予定でしたので、
それまでに少しずつ、雪あかりの滞在記の続き書けばいい、と考えていました。

ところが、7月のホテルの予約がとれなくて、小樽祭りは断念しました。
私の予約が遅れたせいなのですが、その時は、いつものホテルに断られたような
気がして、2年越しで楽しみにしていた小樽三大祭り完結の予定が狂って、
少し気落ちしていました。

次は紅葉橋の紅葉の頃か、(旧)ロングクリスマスの頃にとも考えましたが、
結局去年は2月だけになってしまいました。

 
   ☆

2013年2月16日、
fisherman さんの車で Luna Park から入舟十字街まで送っていただきました。
運河のホテルまでのんびり歩くつもりでしたが、ちょうど来たバスに乗って駅まで行って、
中央通りを下りました。


2013年2月16日、中央橋からです。
何度か書きましたが、私が初めて運河を見たのがこの場所でした。



 左が2013年2月16日。右は1999年2月18日に写したものです。

14年前のあの時も、ちょうどガス灯にあかりがともり始めて、スロープに沿って
雪あかりのスノーキャンドルが並んで、そして、 カナルJ・Bインの屋上が白く
照らされていました。

2月の小樽でこの場所に立つと、思いはいつもあの日に飛んでいきます。

s.fujino : 2014年2月 5日 20:11 / 小樽雪あかりの路
タグ:

このエントリーのトラックバックURL

コメント


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.