« 2013年10月15日 |メインページ| 2014年2月 7日 »

2014年2月 5日の記事

2014年2月 5日

あの日の小樽運河へ

去年2月の小樽滞在記がずっと未完のままでした。
今年の雪あかりが始まらないうちに、急いで続きを書きます。

2013年2月16日、3日目のこの日、潮見台で道に迷いながら、なんとか
和光荘にたどり着いて、その後、地元の fisherman さんと合流して
松ヶ枝町の Luna Park で鉄板ナポリタンをごちそうになったところまで、
去年4月に書きました。
 潮見台彷徨(後編)

去年は、7月の住吉神社の例大祭に合わせて小樽を訪ねる予定でしたので、
それまでに少しずつ、雪あかりの滞在記の続き書けばいい、と考えていました。

ところが、7月のホテルの予約がとれなくて、小樽祭りは断念しました。
私の予約が遅れたせいなのですが、その時は、いつものホテルに断られたような
気がして、2年越しで楽しみにしていた小樽三大祭り完結の予定が狂って、
少し気落ちしていました。

次は紅葉橋の紅葉の頃か、(旧)ロングクリスマスの頃にとも考えましたが、
結局去年は2月だけになってしまいました。

 
   ☆

2013年2月16日、
fisherman さんの車で Luna Park から入舟十字街まで送っていただきました。
運河のホテルまでのんびり歩くつもりでしたが、ちょうど来たバスに乗って駅まで行って、
中央通りを下りました。


2013年2月16日、中央橋からです。
何度か書きましたが、私が初めて運河を見たのがこの場所でした。



 左が2013年2月16日。右は1999年2月18日に写したものです。

14年前のあの時も、ちょうどガス灯にあかりがともり始めて、スロープに沿って
雪あかりのスノーキャンドルが並んで、そして、 カナルJ・Bインの屋上が白く
照らされていました。

2月の小樽でこの場所に立つと、思いはいつもあの日に飛んでいきます。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

もう一度運河会場へ

2013年2月16日、午後4時過ぎに中央橋からホテルに戻りました。

ふる川では、ケトル、コーヒー豆、手挽きミルとドリップのセットを
部屋に届けてもらえるようになっていて、窓から見える浅草橋の様子を
眺めながらゆっくりコーヒーを楽しみました。

適当な時間に下りていって、もう一度運河会場を歩こうと思っていたのですが、
ウトウトしてしまって目が覚めたら午後8時を回っていました。

昼間、潮見台をたっぷり歩き回った疲れが出たのですが、ひと晩にあちこちの
会場を走り回った頃と比べると、気が緩んだというか、今夜もあかりがついたら
ちょっと行ってみるか、と思えるようになったというか... :-)



4日目の翌日は早めに夕方のJRで小樽をはなれましたので、雪あかりを
楽しむのは今回はこの日が最終でした。
時々風が強くなって、ガス灯と倉庫のライトアップの照明の中に雪が流れて
綺麗でした。

 
この日の夜は花園で楽しみました。

もうだいぶ前に地元の fisherman さんに連れて行っていただいた店で、
だいたいいつも fisherman さんと一緒なのですが、昼間会った時に、
この数日はお仕事の関係で気ぜわしい日が続いている様子でした。
それに、前日のねぐらに続いて連日つきあっていただくのが申し訳なくて、
fisherman さんにだまって、一人で行きました。

地元の常連のお客さんでにぎわっていて、地元でも常連でもないのは、
いつも私だけですが、この日も、自分の地元で過ごしているような、
ゆったりといい時間を過ごせました。

「あずましい」とは、こんな感じのことを言うのかもしれません。

Permalink / コメント (4) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

« 2013年10月15日 |メインページ| 2014年2月 7日 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.