「中央橋」のタグがある記事は 24 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2014-02-05 (水曜日)

あの日の小樽運河へ

去年2月の小樽滞在記がずっと未完のままでした。
今年の雪あかりが始まらないうちに、急いで続きを書きます。

2013年2月16日、3日目のこの日、潮見台で道に迷いながら、なんとか
和光荘にたどり着いて、その後、地元の fisherman さんと合流して
松ヶ枝町の Luna Park で鉄板ナポリタンをごちそうになったところまで、
去年4月に書きました。
 潮見台彷徨(後編)

去年は、7月の住吉神社の例大祭に合わせて小樽を訪ねる予定でしたので、
それまでに少しずつ、雪あかりの滞在記の続き書けばいい、と考えていました。

ところが、7月のホテルの予約がとれなくて、小樽祭りは断念しました。
私の予約が遅れたせいなのですが、その時は、いつものホテルに断られたような
気がして、2年越しで楽しみにしていた小樽三大祭り完結の予定が狂って、
少し気落ちしていました。

次は紅葉橋の紅葉の頃か、(旧)ロングクリスマスの頃にとも考えましたが、
結局去年は2月だけになってしまいました。

 
   ☆

2013年2月16日、
fisherman さんの車で Luna Park から入舟十字街まで送っていただきました。
運河のホテルまでのんびり歩くつもりでしたが、ちょうど来たバスに乗って駅まで行って、
中央通りを下りました。


2013年2月16日、中央橋からです。
何度か書きましたが、私が初めて運河を見たのがこの場所でした。



 左が2013年2月16日。右は1999年2月18日に写したものです。

14年前のあの時も、ちょうどガス灯にあかりがともり始めて、スロープに沿って
雪あかりのスノーキャンドルが並んで、そして、 カナルJ・Bインの屋上が白く
照らされていました。

2月の小樽でこの場所に立つと、思いはいつもあの日に飛んでいきます。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2012-02-06 (月曜日)

中央橋街園のあかり



中央橋街園のスノーキャンドルは、懐かしく嬉しいあかりでした!

雪あかりの路が始まった頃の方が今も活躍されているのか、
丁寧に受け継がれていると思いました。


Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2010-11-15 (月曜日)

私の初雪

今の気温は3℃。雪がちらちら舞っています。

私の初雪です。


Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / モバイルから / 小樽へ

2010-11-14 (日曜日)

中央橋から


 今年6月17日の小樽運河です。
 1999年2月、私が初めて運河を見たのがこの場所でした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-02-08 (月曜日)

中央橋から

運河に浮かぶキャンドルのあかりは、
懐かしいあかりです。


Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2010-01-30 (土曜日)

12月の小樽日記、完。



浮き玉を積み上げた運河プラザのクリスマスツリーと
12月22日に写した運河です。

 
     ☆
 
私が好きな中央橋から撮った画像を載せて、2009年12月の小樽日記を
おしまいにします。


なつかしい道を歩いたり、初めてのところにも行って、
いい時間を過ごすことができました。
 
     ☆
 
ふと気がつけば... (気がつかなくても :-)
心躍る小樽の2月が、12年目の2月が
もうすぐ!

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-10-30 (金曜日)

ビストロ小泉から運河公園まで

妙見市場を出て、お昼はビストロ小泉へ。

「こんにちは」とふらっと入って、おいしいハヤシライスを食べて、
「ごちそうさま」と店を出てサンモールへ...。
あ、また小泉の写真を撮るのを忘れた。

ふだん見慣れた身近な光景は、「写すぞ」としっかり意識しないと
なかなか撮れない、という地元の人の気持ちがわかるような気がします。

9月9日の小樽日記。
この先、運河公園まで、まとめて書きます。


この日「たくぎんの温度計」は20℃。
まだ残暑が続いていた地元を離れて、
彼岸前のこの気温は快適でした。

手宮線の分庁舎の塀のツタが色づき始めていました。


日銀通りのプラタナス
幹と枝の間に日銀の塔屋が入るようにこだわっています。:-)
この日はまだ葉が茂って、濃い影を落としていました。



渋澤倉庫のツタも少し色づいていました。


ここからの眺めが好きです。


6月の龍宮神社のお祭りを思いだします。


北浜橋の『カモメ呼ぶ少女』の像が輝いていました。
この数日雨は降らなかったと思いますから、
綺麗に洗われたあとだったかもしれません。


運河公園はまだ小さいほうの噴水が動いていて、
旧日本郵船前のイチョウも青々としていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-06-23 (火曜日)

小樽を離れます



先ほどまで晴れて暑かったのですが、
雨が降ってきました。
そろそろ小樽を離れる時間です。

初めて龍宮神社のお祭りを見ることができました。
喫茶店スタンプラリーもいくつか回れて、楽しい4日間でした。

小樽の皆さん、どうぞいい夏をお過ごし下さい。

Permalink / コメント (7) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-04-21 (月曜日)

春の街



春風と明るい光を感じながら、いい4日間を過ごしました。
春の街への思いは、来月千葉からやって来る友人たちに引き継ぎます。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-04-21 (月曜日)

中央橋のムラサキツツジ



枝を固めた冬の姿から解き放つのが間に合わないほど
急に暖かくなりました。
浅草橋の温度計は、先ほど10時半に20℃を超えていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-03-17 (月曜日)

2月15日、中央橋から



2月15日、小樽に着いた日の運河です。
ここに立つと、いつもほっとします。

 



  左が今年。
  右は9年前です。海側から中央橋を渡って、ここで撮ったこの写真が
  私が初めて写した運河です。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-02-17 (日曜日)

中央橋の朝

運河の散策路も新しい雪で真っ白。

雪あかりの路も今日まで。

 
 (2008.2.29 画像を追加しました。)



Permalink / コメント (2) / トラックバック (1) / 小樽へ

2008-02-16 (土曜日)

白い朝

運河は雪の朝を迎えました。
今は手宮の方角も霞んでいます。

 
(2008.2.24 追加)



  もう1枚。(デジカメの画像です。)

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-10-31 (水曜日)

小樽運河 中央橋



1999年2月、私が初めて運河を眺めたのがこの場所でした。
その後、何度写しても、あの日の最初の一枚以上に気に入った写真が撮れません。
それはもうわかっているはずなのに。

 


     こちら側からも写しました。

       ☆

 カウントダウンのプログラムをテストしてみたら、
 雪あかりまで、あと、まだ、100日。

 それまでどうやって生きていこうか...

Permalink / コメント (3) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-10-07 (日曜日)

澁澤倉庫の月、中央橋の月

9月29日、午前中、運河公園と色内埠頭公園でのんびりして
午後は和光荘に行って、(あ、まだ記事を書いていませんでした)

夕方ホテルに戻って部屋で少し休んで、
7時半ごろホテルの玄関を出たら

運河の向こうの澁澤倉庫の上に十七日の月が。



スタンプラリー全店制覇の祝杯を上げて戻ると、月は中央橋の上に。

 


澁澤倉庫のツタは、扉のところまで伸びていました。
あれから、もう1週間。

Permalink / コメント (7) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-06-04 (月曜日)

運河の春 2007年5月



  基本を、忘れないうちに。 :-)

Permalink / コメント (5) / トラックバック (1) / 小樽へ

2007-02-08 (木曜日)

あかりの予感

小樽に来ています。
小樽駅改札口のスノートンネルにポスターがありました。
1枚は、雪あかりの路 小樽に、恋する。
もう1枚は、雪燈之路 小樽之恋。

 

喫茶店スタンプラリーで知ったアルチザンに行って、窓の外に雪が舞うのを眺めました。
(写真を写させていただきましたが、またいずれということに。)

お昼はビストロ小泉に行きました。
今回は看板をちゃんと写しました。

小泉を出て、立ち飲みの店を確かめて、米華堂へ。
ココアを飲みました。あ、写真撮るのを忘れました。
yagiakemi さん、ごめんなさい。


"たくぎんの温度計" 夜ここを通った時は-1℃でした。
いつもの年よりも暖かくて、明日からもゆっくり楽しめそうです。

運河では明日の準備が始まっていました。ホテルに荷物を置いて...

カネサ珈琲へ。今回も、カウンターで楽しく話ができました。


夜、日銀通りから手宮線に入ったら、
ボランティアの人たちがプレ雪あかりで集まっていて、
スノーキャンドルにあかりがともっていました。
(画像を載せるのは自重します :-)


日銀通りのあのプラタナスの根元も雪が綺麗にならされていて、
ここも準備完了。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2006-11-06 (月曜日)

秋色小樽

もしかしたら初雪が降るかな、と出発前に期待していた
11月1日。小樽は、快晴。
秋の色に満ちていました。

 
駅のホームに降りた瞬間、キラッとした空気を感じました。
歩道橋の上から海を眺めました。

籔半で新そばをいただいてから、都通りの Cafe あんな に寄って、
8月のスタンプラリーの賞品のお礼を言いました。
この日のお昼の気温は8℃、夜は3℃ぐらいまで下がりましたが、
翌日からはずっと暖かい日が続きました。


中央通りを中央橋へ。
手宮線を歩いてみたいのをがまんして、まっすぐ運河へ。



ホテルに荷物を降ろして、出抜小路を海鳴楼へ。
(いつも同じコースになってしまいます (^_^;)
山側のツタが鮮やかでした。

日銀通りを再び駅に向かい、いざ、
今回一番楽しみにしていた場所へ...!!

その前に、歯科衛生士専門学校。
今回は たまたま偶然 じゃなくて、意識して写しました (^o^)

Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-09-23 (土曜日)

夏の総集編、わすれもの



 すみません、肝心の運河の画像を忘れていました :-)

 






  今頃は、あの澁澤倉庫のツタも、色づいているのでしょうね。

Permalink / コメント (24) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-06-15 (木曜日)

あれから、もう1か月


  第1日、中央橋。今回のスタートの画像です。
  風を感じならが歩いた4日間。あれからもう1か月。

Permalink / コメント (3) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-06-06 (火曜日)

街園



   5月15日、浅草橋と中央橋の街園。
   春の光があふれていました。

 


   3か月前、雪あかりの路の時の画像です!

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-05-14 (日曜日)

Free-Lance と桜


北運河の帰りに、昨夜『蕎麦屋親爺の独り言』で見つけた色内の公園に行ってみました。
桜満開!
今、その桜を眺めながらお昼です。
ラリーのスタンプ、四つになりました。

   ☆

(戻ってから、続きを書きました。)

初日は、11時半過ぎに小樽駅に着いて、歩道橋に登って海を眺めて、籔半の蔦の芽吹きをたしかめて、中央通りを下って手宮線の両側を眺めて、中央橋へ。


色内1丁目の交差点で信号を待っていると、運河のそばにはタンポポが咲いてしました。
中央橋の人力車のお兄さんに「タンポポ咲いてますね」と話しかけると、「そこの、運河プラザの向こうの公園の桜が、今、満開ですよ。」と教えてくれました。

二日目の夜、ホテルに戻って、ケータイで『蕎麦屋親爺の独り言』につないでみたら、「色内のジャズ喫茶 フリーランスの海側 こどもの国小公園の桜が満開」と伝えていました。

  ン? フリーランス...? あ、スタンプラリーだ...!

と気がついて、三日目、桜陽高校下バス停の高台に向かう前に、行ってみました。



小公園の桜が満開で、公園の向こうに Free-Lance の文字が見えました。
桜を眺めてから、店の前に向かうと、手宮線が。


初めての店に入るのは、緊張と期待が混じるいい瞬間です。
とても落ち着ける素晴らしい店でした。

 

満開の桜と、喫茶店スタンプラリーと、「蕎麦屋親爺の独り言」 のブログと、えびす屋の酒井さんの一言がなかったら、
Free-Lance と小公園の桜を知らないで帰ったかもしれません。

自分はこの街のことをまだほとんど知らなかったのかな、と感じた一日でした。

Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

2005-12-01 (木曜日)

マグカップ

12月になっても一番上に紅葉の画像あるのは、季節に遅れているような気がして… 
といっても、残念ながら私が写した画像がありませんので、雪あかりのマグカップを載せてみました。画像ファイルをネットで送信して、注文したものです。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2005-10-11 (火曜日)

中央橋から

2001年2月16日に写した小樽運河です。
画面奥に写っている2つの駐車場ビルが解体されたと、今日、
小樽ジャーナル(http://otaru-journal.com/2005/10/2-23.php)が伝えていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.