「小樽運河」のタグがある記事は 14 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2009-07-24 (金曜日)

しばし、ノスタルジィ


 2枚の写真の間に流れた時間は10年。
 ここが私の小樽運河の原点。

 今回も最初の日にここに立って、
 しばし、ノスタルジィ。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-03-17 (月曜日)

2月15日、中央橋から



2月15日、小樽に着いた日の運河です。
ここに立つと、いつもほっとします。

 



  左が今年。
  右は9年前です。海側から中央橋を渡って、ここで撮ったこの写真が
  私が初めて写した運河です。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-02-17 (日曜日)

不思議

何年通っても上手に写せない。
何度眺めても感激を伝える言葉がみつからない。

運河のあかりの不思議。

 
 (2008.3.7 追加)


Permalink / コメント (4) / トラックバック (1) / 小樽雪あかりの路

2008-02-17 (日曜日)

中央橋の朝

運河の散策路も新しい雪で真っ白。

雪あかりの路も今日まで。

 
 (2008.2.29 画像を追加しました。)



Permalink / コメント (2) / トラックバック (1) / 小樽へ

2008-02-16 (土曜日)

白い朝

運河は雪の朝を迎えました。
今は手宮の方角も霞んでいます。

 
(2008.2.24 追加)



  もう1枚。(デジカメの画像です。)

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-02-15 (金曜日)

ドラマのロケ

花銀会場から浅草橋へ。

ドラマのロケの準備が始まっていて、
中央橋寄りに大きなクレーン車が来ていました。

 
(2008.2.24 追記)

 2日目の翌16日(土)、
 新しくなったニューポートで楽しく過ごして
 "たくぎんの温度計" まで歩いて戻ったら
 12時を回っていました。

 
 


この日も、遅くなってから撮影が始まったようです。
ソニアの前に大きな照明の車が止まっていて、運河を照らしていました。



ホテルの部屋の窓から眺めると、浅草橋で撮影してるようでした。
まだスノーキャンドルにあかりがともっていて、浮き球も浮かんでいます。
明日の最終日を前に、この後のキャンドルの撤収が大変だったと思います。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2007-10-31 (水曜日)

小樽運河 中央橋



1999年2月、私が初めて運河を眺めたのがこの場所でした。
その後、何度写しても、あの日の最初の一枚以上に気に入った写真が撮れません。
それはもうわかっているはずなのに。

 


     こちら側からも写しました。

       ☆

 カウントダウンのプログラムをテストしてみたら、
 雪あかりまで、あと、まだ、100日。

 それまでどうやって生きていこうか...

Permalink / コメント (3) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-06-04 (月曜日)

運河の春 2007年5月



  基本を、忘れないうちに。 :-)

Permalink / コメント (5) / トラックバック (1) / 小樽へ

2007-02-11 (日曜日)

白い朝

昨夜チラチラ舞っていた雪が積もって
また新しい白い朝。

Permalink / コメント (1) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-12-30 (土曜日)

やがて、ここにあかりが


今年の写真は今年のうちに...ということで :-)

小樽を離れる11月4日。いつものように、日銀通りを駅に向かいました。
その前にもう一度、運河の散策路を歩きました。

  ガス灯のあかりが水に映るのを眺めながら、
  雪あかりの路の光景を思い出していました。
 

 
この水面にたくさんの浮き玉キャンドルがともる日まで
あと41日ですね (^^)

Permalink / コメント (14) / トラックバック (2) / 小樽へ

2006-11-12 (日曜日)

運河のガス灯と澁澤倉庫のツタ



11月1日、米華堂から小樽運河に戻ったのが午後5時頃。
空にはまだ青さが残り、ガス灯の向こうに倉庫のツタが見えました。

ホテルの部屋に戻って一休みしてから、奥沢に戻って居酒屋に向かいました。
「平磯公園に行ってみたいと思っています」とマスターに話すと、
「それなら、国道を新光町あたりまで歩いてみなさい。あの辺からの
海の眺めはいいですよ」と勧めてくれました。

 深夜、浅草橋に戻った時の気温が3℃。懐かしい寒さでした。

Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-11-06 (月曜日)

秋色小樽

もしかしたら初雪が降るかな、と出発前に期待していた
11月1日。小樽は、快晴。
秋の色に満ちていました。

 
駅のホームに降りた瞬間、キラッとした空気を感じました。
歩道橋の上から海を眺めました。

籔半で新そばをいただいてから、都通りの Cafe あんな に寄って、
8月のスタンプラリーの賞品のお礼を言いました。
この日のお昼の気温は8℃、夜は3℃ぐらいまで下がりましたが、
翌日からはずっと暖かい日が続きました。


中央通りを中央橋へ。
手宮線を歩いてみたいのをがまんして、まっすぐ運河へ。



ホテルに荷物を降ろして、出抜小路を海鳴楼へ。
(いつも同じコースになってしまいます (^_^;)
山側のツタが鮮やかでした。

日銀通りを再び駅に向かい、いざ、
今回一番楽しみにしていた場所へ...!!

その前に、歯科衛生士専門学校。
今回は たまたま偶然 じゃなくて、意識して写しました (^o^)

Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-09-23 (土曜日)

夏の総集編、わすれもの



 すみません、肝心の運河の画像を忘れていました :-)

 






  今頃は、あの澁澤倉庫のツタも、色づいているのでしょうね。

Permalink / コメント (24) / トラックバック (0) / 小樽へ

2005-07-19 (火曜日)

雪あかりの路

今年、2月19日の小樽。
10年ぶりぐらいに雪が多くて、こちらの人は「1月に2月のぶんまで一緒に降った。2月は2月でまた降った。」と言っていた。
「小樽雪あかりの路」、今年でもう7年め。今回は、ボランティアはパスして、のんびり楽しむことにした。

Permalink / コメント (5) / 小樽雪あかりの路

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.