「運河公園」のタグがある記事は 15 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2010-12-29 (水曜日)

夕暮れの運河公園



11月17日午後4時ごろの運河公園の様子です。
中央の噴水はシートに覆われて雪の季節を待っていました。
旧日本郵船小樽支店に明かりが灯り、屋根の向こうの空には雲が輝いていました。

 
昨年6月の画像です。

運河公園の一角の桜の木の元に「地域に生きる」と
刻まれた峯山冨美さんのプレートがありました。

峯山さんとは以前一度、運河プラザのカウンターで
偶然ご一緒したことがあります。

その時峯山さんは、カウンターの中の田中さんに、
「小樽の町もいろいろ変わったけど、これでも残ったほうなのよ。
それは景気が悪かったから。これからも残していかないとね。」
と、穏やかに話されていたのを覚えています。

峯山冨美さんが昨日96歳の天寿を全うされたとのことです。
合掌。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-11-17 (水曜日)

運河公園の噴水

6月に噴水のパターンが変わるのを眺めました。
池の水を落とし、噴水を被って、
ここも冬支度です。



Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / モバイルから / 小樽へ

2010-08-02 (月曜日)

運河公園の噴水のパターン



6月16日の運河公園です。今年も噴水が上がる季節なんだなぁと
正面からしばらく眺めて、そうだ、噴水のパターンを記録してみようと
思いました。

 


水は、真ん中の塔から、そのまわり、池の中から...と、パターンが
変わっていきます。
(一番上の画像と位置が違うのは、左のベンチに座って撮ったので。)


噴水を眺めながらデジカメを構えて、時計の秒針を見て、
ペンがなかったのでケータイのメモ帳に書き込んでみましたが...
そのうちに、あれ、何秒からだったかな...と頭がこんがらかってしまいました。

あとから考えたら、メモをとらなくてもデジカメの画像の exif データに
ちゃんと記録がとれていたのですが、この時は、パターンが
かわるつど、すぐにシャッターを切りませんでした。

今回のところは、まぁ大体3分ぐらいで変わるのかなという程度しか
つかめませんでした。
今度また挑戦してみます。

小樽のこどもさんで、夏休みの自由研究がまだの人は、
デジカメじゃなくて、綺麗なスケッチをそえてまとめると、きっと
いいレポートができると思います。
あ、私が思いつくぐらいですから、きっともうやってる人がいると思いますが。

この時は少し雲が出ていました。
4年前の8月、晴れた日の画像が「小樽の夏の光の中で」 にあります。
 
この日の北運河です。


今までと同じような画像になってしまいましたが、
懐かしい光景の中に身を置けるのは、かけがえのない、いい時間です。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-10-30 (金曜日)

ビストロ小泉から運河公園まで

妙見市場を出て、お昼はビストロ小泉へ。

「こんにちは」とふらっと入って、おいしいハヤシライスを食べて、
「ごちそうさま」と店を出てサンモールへ...。
あ、また小泉の写真を撮るのを忘れた。

ふだん見慣れた身近な光景は、「写すぞ」としっかり意識しないと
なかなか撮れない、という地元の人の気持ちがわかるような気がします。

9月9日の小樽日記。
この先、運河公園まで、まとめて書きます。


この日「たくぎんの温度計」は20℃。
まだ残暑が続いていた地元を離れて、
彼岸前のこの気温は快適でした。

手宮線の分庁舎の塀のツタが色づき始めていました。


日銀通りのプラタナス
幹と枝の間に日銀の塔屋が入るようにこだわっています。:-)
この日はまだ葉が茂って、濃い影を落としていました。



渋澤倉庫のツタも少し色づいていました。


ここからの眺めが好きです。


6月の龍宮神社のお祭りを思いだします。


北浜橋の『カモメ呼ぶ少女』の像が輝いていました。
この数日雨は降らなかったと思いますから、
綺麗に洗われたあとだったかもしれません。


運河公園はまだ小さいほうの噴水が動いていて、
旧日本郵船前のイチョウも青々としていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-06-25 (木曜日)

運河公園に流れる時間



小樽滞在中の楽しみのひとつが、北運河の散策路を歩いて、この運河公園で
のんびり過ごすことです。
(画像は、6月21日正午過ぎの様子です。)

こちら側のベンチに座る楽しみは、池のまわりでくつろぐ人たちの姿、
その向こうに天狗山、右手に旧日本郵船。

その時々の空気や風を感じる楽しみもあります。
 
 
振り返ると、峯山冨美さんの受賞記念の桜。
若葉が輝いていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-06-21 (日曜日)

夏の予感



雨があがって、旧日本郵船の向こうに青空が見えます。

運河公園の噴水が水しぶきを上げて、
夏の予感です

Permalink / コメント (1) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-05-11 (日曜日)

朝の散歩は手宮線 ~ (続) 小樽からメールが来た

小樽に行った友人達は今日が3日目。今朝もメールが来て、


     朝食前の散歩が手宮線と。 優雅な!

Permalink / コメント (12) / トラックバック (1) / 小樽へ

2008-04-22 (火曜日)

運河公園の桜



左は4月19日夕方、右は21日お昼前の撮影です。
『赤い靴親子の像』の近くにも桜があったのは、雪あかりの時には気がつきませんでした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-02-16 (土曜日)

赤い靴親子の像の雪あかり

今日と明日だけ、とブログに載っているのをみつけて
運河公園に行ってみました。

準備の人が一人で頑張っていて、
「まだ少ししか点いてなくてすみません」と言ってくれました。

 
 (2008.2.28 追記)

 画像を追加します。

 出発前にみつけたブログは パンドラの箱: ユキアカリノミチ (2008.2.9) です。

Permalink / コメント (3) / トラックバック (0) / 小樽雪あかりの路

2007-10-05 (金曜日)

運河公園に噴水、日本郵船のイチョウも青く

9月28日、運河の宿でゆっくり朝食をとって
海鳴楼のツタを眺めて
浅草橋から運河公園へ。

公園の噴水が風に光って
日本郵船のイチョウも、夏の名残の色。

  手宮公園には明日行くことにして、運河の散策路を戻り、
  北浜橋の PRESS CAFE へ。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (1) / 小樽へ

2007-05-20 (日曜日)

三年先の春を待つ



樹齢1200年の "薬師桜" の苗木が山形県白鷹町から小樽に贈られて
先日植樹されたと聞いて、運河プラザ前と運河公園に見に行きました。

 


 この苗木がつぼみをつけるまで三年かかるそうです。
 三年先の春を待つ楽しみができました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-11-17 (金曜日)

二日目、運河公園へ



11月1日~4日の小樽日記の続きです。

二日目、寝坊を楽しんで、遅い朝食を済ませて、運河公園に向かいました。
この日は、夕方までずっと歩くことになりましたので、のんびりスタートが
よかったのかもしれません。
 


北運河を歩いていると、いつも、ああ、またこの街にやって来たと実感できて、
一番気持ちが安らぐ時間です。
向こうの木々の色が季節ごとに表情が違って、それも楽しみのひとつになっています。



夏、子供たちが裸になって遊んでいた噴水には、カバーがかかっていました。


旧日本郵船前のイチョウが色づいていました。

(夕方、もう一度ここに帰って来たら、ちょうど管理長さんが外に出て来られて、
 5月に初めてお会いして以来の、偶然の再会でした。)

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-08-07 (月曜日)

小樽の夏の光の中で

画像は、8月4日11時過ぎの運河公園です。
噴水の前で子供たちが遊んでいました。

左は、今年の "雪あかりの路" 期間中の2月17日、
右は、昨日の画像です。
私も、半年の間にこの気温差を体験しました。

小樽の夏の光を浴びて、私の気持もいい日焼けをして、
日曜日の深夜、帰宅しました。

 
しびれるような嬉しい記事 を書いてトラックバックを下さった蕎麦屋親爺さん、
今日の 七夕の短冊の画像を載せて、そしてコメントも下さった米華堂の yagiakemi さん、
私の足取りをしっかり見張りながら(笑)、コメントを下さった
132歳の"探偵"さん、fisherman さん...。

ほかにもたくさんのお礼を、早めに書かないといけないのですが、
とりあえず、帰宅の報告です。
どうも、ありがとうございました!

Permalink / コメント (8) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-06-01 (木曜日)

天狗山の残雪

4日目の15日は、アルチザンでコーヒーを飲んで、都通りと運河プラザで少し買い物をして、荷造りを済ませホテルに預けて、その後、天狗山に登って夕方までのんびり....
と思って出かけました。残雪が陽に融けて輝いていました。
(ロープウェイは、強風で止まっていました。)

 




  今回写した画像です。
  ハスカップさんたち雪あかり5人組の皆さんのために、場所を書いておきますと...

  小樽駅前、小樽工業高校前、緑小学校の上、小樽公園のグランド、奥沢の高砂橋、
  運河公園、手宮公園、運河プラザ前、旭展望台への途中、小樽商業高校下 です。

Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-05-12 (金曜日)

北運河~小樽喫茶店スタンプラリー

喫茶北運河」です。
11店全部回るのは難しいですが、いくつか行ってみたいと思います。

    小樽喫茶店スタンプラリー

    錦秋の小樽へ (9)北運河・運河公園

 
※(2016.1.13 追記です)

その後、Cafeあんなさんが閉店して「小樽喫茶店スタンプラリー」のページもネットから
消えてリンクが切れてしまいました。

この時の喫茶店マップはダウンロードして保存してありますので、このブログのサーバに
置きました。

 第1回小樽喫茶店スタンプラリー喫茶店map(PDF 2.23MBです)


Permalink / コメント (6) / トラックバック (1) / 小樽へ

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.