「色内」のタグがある記事は 14 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2013-03-08 (金曜日)

色内の交差点


2月15日午後、色内1丁目の交差点の様子です。

ひとつ前の記事「たくぎんの温度計...」の画像に写っているバスの行き先が
「本局前」でした。気がついていただけましたか? :-)

ここから信号を渡ったら、ヴィブラントの前で「中であったまっていきませんか。
甘酒をサービスしていま~す。」と声がかかりました。

ヴィブラントの前が1-2-3、その前がペテルブルグ美術館。そこまでは私も記憶があります。
美術館の前は「小樽ホテル」だったと、ヴィブラントのホームページに載っていました。

この光景を載せて北のウォール街に触れないのは、小樽の街と歴史に失礼になると
思いますが、不勉強ですみません。

 


映画『Love Letter』の、最初から46分ぐらい過ぎたあたりで、
「実は私が中学のころ、同じクラスに...」と書いた手紙を投函するシーンです。
本局前の郵便ポストは、映画の撮影用に置かれたものだったそうです。

ポストのそばに雪があるのに、道路の白線がまだくっきり見えています。
映画のために綺麗に引き直したのか、小樽ロケが1994年12月初めまでに
終わったからだったのか、謎です。

ヴィブラントの甘酒も魅力でしたが、夜の雪あかりの路に備えて、ふる川に
急ぐことにしました。

リンクです。
 Love Letter
  shooting places の中に「色内交差点」が載っていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-11-14 (金曜日)

運河プラザのツタ


運河プラザ(小樽倉庫)の出抜小路側(10月29日)と、中庭(10月26日)です。
 
運河プラザのカウンターでビールを飲む時に、私のおしゃべりにいつも
気さくに付き合ってくれて、その時々の街の様子なども教えてくれた方が
今度替わった... と、初日に運河プラザを訪ねる前に聞きました。

さびしい思いをしましたが、27日と29日に会って挨拶できました。

現在カウンターをお一人で頑張ってる方とは初対面でしたが、
親切にいろいろ教えてくれました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-11-13 (木曜日)

飴屋六兵衛本舗とマンジャーレ


10月29日、色内の良い子の遊び場から出抜小路を通って、
運河プラザに向かいました。
 

今年4月21日、桜をたずねて歩いた時の飴屋六兵衛本舗と
マンジャーレです。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-11-12 (水曜日)

年に一度の Free-Lance


2週間前 (10月29日) の色内、良い子の遊び場の様子です。
この時は桜もイチョウにも、まだ青い葉が残っていました。
 
この日、なえぼ公園から歩いて戻って Free-Lance でお昼にしました。

初めて Free-Lance に行ったのは、一昨年春の小樽喫茶店スタンプラリーが
きっかけでした。その時は和風きのこのスパゲティを食べてみました。

二度目は昨年の9月のスタンプラリーで、和風きのこを注文しました。

  三年目の今回は... 忘れました。(^^)

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-04-23 (水曜日)

色内の良い子の遊び場の桜

4月21日お昼の撮影です。
ここに来たのは整備後初めてです。

枝がもう色づいて見えますが、
この時は開花までまだ間があるようでした。

 
一昨年5月、ここの桜が満開ですよと私に教えてくれた、人力車の酒井さんが、
今日、テレビに出ていました。

そのえびす屋の桜情報が始まりましたね。

   ☆

この記事でちょうど500件になりました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-04-22 (火曜日)

マンジャーレの桜

4月21日お昼少し過ぎの撮影です。
看板の近くが咲いていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-04-21 (月曜日)

出抜小路の飴屋さん



明後日(水曜日)のお昼過ぎに、
ここからNHKテレビの生中継があるそうです。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-09-28 (金曜日)

良い子の遊び場

色内の二段公園、良い子の遊び場はちょうど整備中でした。

去年、この桜が満開の時に入った Free-Lance。
その後なかなか機会がなかったのですが、今年も
小樽喫茶店スタンプラリーに参加していました。

ラリー6店目のここで、和風きのこのスパゲティ。


Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-05-18 (金曜日)

二年目の二段公園



5月12日。
ああ間に合った!と、思わず声が出そうになりました。

 


私にとって二年目の、良い子の遊び場の桜です。
去年よりも少しはよく撮れた...かな (^_^;)

Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-05-02 (水曜日)

色内の春

 "海鳴楼のツタ" が、今年も元気に芽吹いたんですね。
 132歳の若者さん、画像ありがとうございました。

Permalink / コメント (29) / トラックバック (2) / 小樽へ

2007-03-04 (日曜日)

春待つ色内の小公園



去年5月14日、8月4日、11月2日、今年2月9日の画像です。
米華堂のお嬢さんが『二段公園』と呼んでる色内の小公園。今頃はもう、
だいぶ雪も少なくなっているのでしょうか。
 
映画『はるか、ノスタルジィ』で
はるかが駆け下りて行ったすべり台にも、この時は
まだ雪がありました。

Permalink / コメント (6) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-11-23 (木曜日)

11月2日、色内の二段公園

色内の小公園の前に着いたのが、4時頃でした。
yagiakemi さんのお嬢さんは「二段公園」と言ってるそうですね。
(→ 8月4日、色内の小公園

 
海猫屋の角を曲がって運河プラザへ。

 
この日はずっと歩いたので、カウンターで飲んだビールの味が格別でした。

外に出ると、消防犬ぶん公の像の向こうに月が。
明日3日は十三夜。

ホテルに戻って一休みして、中央市場近くのいつもの隠れ家へ。
ウィスキーでほろ酔い... のつもりで、いったんホテルに戻りました。

ケータイのアラームを1時間後にセットして、ニューポートに行ってみようと
思っていたのですが、目が覚めたのが12時。
(マナーモードにしたままで、音が鳴らなかったんです (^_^;)

     ☆

 P.S.>雪あかり5人組の皆さんへ

 ここまでで、やっと小樽の4日間の半分です。
 この続きは、明日の夜、かねての手はずどおり蕎麦屋の二階でということで。
 (あ、こっちの蕎麦屋に二階はなかったか...(^_^;)

Permalink / コメント (8) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-08-14 (月曜日)

8月4日、色内の小公園



左は8月4日、右は今年5月14日です。
喫茶店スタンプラリーのお陰で、今まで知らなかった道を歩いて、
季節ごとの表情を訪ねる楽しみが増えました。
 
    Free-Lance と桜(2006.5.14)

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-05-14 (日曜日)

Free-Lance と桜


北運河の帰りに、昨夜『蕎麦屋親爺の独り言』で見つけた色内の公園に行ってみました。
桜満開!
今、その桜を眺めながらお昼です。
ラリーのスタンプ、四つになりました。

   ☆

(戻ってから、続きを書きました。)

初日は、11時半過ぎに小樽駅に着いて、歩道橋に登って海を眺めて、籔半の蔦の芽吹きをたしかめて、中央通りを下って手宮線の両側を眺めて、中央橋へ。


色内1丁目の交差点で信号を待っていると、運河のそばにはタンポポが咲いてしました。
中央橋の人力車のお兄さんに「タンポポ咲いてますね」と話しかけると、「そこの、運河プラザの向こうの公園の桜が、今、満開ですよ。」と教えてくれました。

二日目の夜、ホテルに戻って、ケータイで『蕎麦屋親爺の独り言』につないでみたら、「色内のジャズ喫茶 フリーランスの海側 こどもの国小公園の桜が満開」と伝えていました。

  ン? フリーランス...? あ、スタンプラリーだ...!

と気がついて、三日目、桜陽高校下バス停の高台に向かう前に、行ってみました。



小公園の桜が満開で、公園の向こうに Free-Lance の文字が見えました。
桜を眺めてから、店の前に向かうと、手宮線が。


初めての店に入るのは、緊張と期待が混じるいい瞬間です。
とても落ち着ける素晴らしい店でした。

 

満開の桜と、喫茶店スタンプラリーと、「蕎麦屋親爺の独り言」 のブログと、えびす屋の酒井さんの一言がなかったら、
Free-Lance と小公園の桜を知らないで帰ったかもしれません。

自分はこの街のことをまだほとんど知らなかったのかな、と感じた一日でした。

Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.