2006/11/19 (日曜日)

どこに行ってもナナカマド



夏あまり気にとまらなかったナナカマド。
どこに行っても、柔らかい光の中で輝いていました。
「長橋線」の標識のあるここに戻って、桜陽高校下バス停まで
登っていきました。

s.fujino : 2006年11月19日 15:24 / 小樽へ

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

上っていく途中にある接骨院は高校の同期がやっているのです。

この近くには私の昔付き合っていた人の家があり、
その家でみんなでマージャンをしておりました。

なつかしい。。。
この間桜陽に行った時も、道路のきれいさにビックリ。
やっぱり確実に月日は流れているという感じですな。

投稿者 yagiakemi : 2006年11月20日 09:12


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.