2006/11/29 (水曜日)

文化の日の小樽文学館

文化の日は市立小樽文学館が入場無料になって、
恒例の古本市が開催されると、たるぽんに載っていました。

米華堂さんを出て、4時の終了までまだ時間があったので、
分庁舎に行ってみました。

ざっと場内を回って、1冊買いました。
「啄木のうた」と「野菊の墓」が一緒に入っています。

 
1階の廊下で、偶然(?)fisherman さんに再会!!

たしか高熱が出た後で、まだ体調が万全ではなかったと思いますが、
無理にお誘いして fisherman さんの車で最上のカネサ珈琲に連れて行って
いただきました。

  fisherman さん、どうもありがとうございました。

s.fujino : 2006年11月29日 21:04 / books / 小樽へ

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

こんにちは、s.fujinoさん。
その節は突然失礼しましたm(__)m

>1階の廊下で、偶然(?)fisherman さんに再会!!
あはは、無理になんて・・・。私が仕掛けたようなものです(^^;)
熱が引いた途端、かみさんに「花園の携帯ショップ連れてけ!!」と言われまして、長~い待ち時間(--;)の間、
娘を連れ小樽公園まで散歩中(途中娘はソフトクリームを・・・)、
「s.fujinoさんどこにいるのかなぁ~」なんて電話してみましたら・・・。
目と鼻の先にいらっしゃることがわかり、お会いできるとは思ってませんでしたが、
帰り道文学館に寄ってみたら入り口ホールで「!!」

カネサ珈琲に初めて行ったので、ずうずうしく私らもお邪魔したりして(^o^;)

ごく短時間でしたが、お会いでき嬉しかったです(^o^)
珈琲は美味しかったですし、独特の雰囲気がある、素晴らしいお店でした。

後になって、s.fujinoさんの足取りを考えてみますと、見事なまでに合理的に無駄なく
計画されておられ、改めて驚きと感動を覚えました(^^)

こちらこそ、どうもありがとうございましたm(__)m

投稿者 fisherman : 2006年12月 1日 10:35

 

fisherman さん、こんばんは。

奥様とお嬢さんにもお会いできてよかったです!
(5月の桜のとき以来でしたね。)

カネサ珈琲の帰りは、わがままで一人で歩くことにして
どうもすみませんでした。
あの辺から運河まで歩くのを、いつも楽しみにしています。
今回は、十三夜の月を眺めながら下りてきました。

>後になって、s.fujinoさんの足取りを考えてみますと、見事なまでに合理的に無駄なく
>計画されておられ、改めて驚きと感動を覚えました(^^)

 アハハ。 それは、オーバーですってば~ (^o^)

最近は、出かける前にひとつふたつ、行ってみたい所を選んでおいて、
小樽に着いてから、明日はどこに行こうかと考えるのが楽しみです。
でも、居酒屋のマスターのおすすめや、寝坊の加減や、その日の天気で
柔軟にと言うか、全然変わっちゃうことが多いですが (^_^;)

今回は、初めて和光荘と平磯公園とビストロ小泉に…と思っていました。

出発前は、1日と3日が雨の予報でしたので、雨の日は、博物館か美術館で
一日のんびりして、4時頃になったら(少し早いかもしれませんが)
籔半に行って、ちょっと飲むのもいいなぁ、と考えていました。

実際は4日間ずっといい天気でした。

初めての場所を訪ねるのも楽しみですけれど、何度も行ってみたいところが
だんだん増えてきて、この頃は、方角と距離感も少しつかめてきましたので、
夕方ホテルに戻るまでの途中をいろいろ楽しめるようになりました。

こんな感じですので、実際はぜんぜん「合理的で無駄なく計画」じゃなくて、
その日の足まかせに近いです (^o^)
(その足まかせが、今回は特別素晴らしいコースになりました!)

まだまだ "未踏の地" がいっぱいです。

投稿者 s.fujino : 2006年12月 1日 22:34


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.