2007/02/09 (金曜日)

雪の和光荘

雪の花酒造の先から山道を登って
いま和光荘に来ています。

s.fujino : 2007年2月 9日 15:06 / 小樽へ
タグ:

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

 健脚ですね!
 雪深い道を選ばれて...。

投稿者 132歳の若者 : 2007年2月 9日 15:23

 

あ、いえ。きれいに道がついていましたので。

下りはスリルがありましたよ(^^)

(@菊やラーメン)

投稿者 s.fujino : 2007年2月 9日 15:29

 

>あ、いえ。きれいに道がついていましたので。
 それは よかったこと!
 
 何味ラーメンかな?

投稿者 132歳の若者 : 2007年2月 9日 15:35

 

上の画像を、デジカメの画像に置き換えました。

雪の花酒造からのコースは今は無理、と 出発前に fisherman さんにアドバイスを
いただいたのですが、ダメだったら秋に歩いた潮陵高校側から回ってと思って
行ってみました。

近くまで行ってみると、何とか歩けそうです。
途中で下山か(!)、と不安でしたが、ともかく登ってみました。


手すりのあたりはかなり雪が深かったのですが、なんとか登れました。
(右は去年11月の画像です。)


ツタの紅葉に息を呑んだこの場所に再び立つことができました。


今回は元の道を下りました。ここから眺める天狗山もいいですね。

投稿者 s.fujino : 2007年2月21日 22:30

 

あ、132歳の若者さん、

 >何味ラーメンかな?

その節は、コメント書けなくてスミマセンでした。
今回は、正油(書き方はこれで正しいですか)にしましたよ。

それはともかくとして…
おととし、私が7年目で初めて行った菊やラーメン、
去年、私が8年目で初めて行った和光荘、

ゴジラさんは、両方とも、今年一気に行っちゃったみたいです。
(私がぼぉ~っとしてただけか (^_^;)

投稿者 s.fujino : 2007年2月22日 00:47

 

 正油ラーメンでしたか。

>それはともかくとして…
 ...............
>ゴジラさんは、両方とも、今年一気に行っちゃったみたいです。
 足跡つけてあったから 歩きやすかったんですよ!
 “正しい観光客”には なれないかも!(笑)

>(私がぼぉ~っとしてただけか (^_^;)
 ゆったり 肩までつかっていたから?
 あっ、 温泉は行ってなかったでしたね。

投稿者 132歳の若者 : 2007年2月22日 17:29

 

>おととし、私が7年目で初めて行った菊やラーメン、
>去年、私が8年目で初めて行った和光荘、
>ゴジラさんは、両方とも、今年一気に行っちゃったみたいです。
 
 黄門様、誠にスミマセンm(_ _)m
 黄門様が密かに永年温めていた想いをやっと実現できたのに・・・
 おかげ様で、黄門様の足跡をたどり、幸福なひと時を過ごせました。
 菊やではみそラーメンを食べながらオヤジさんに、小樽への想いや和光荘に行くことをチラッと話したところ、
 昨日もお客さんと同じような人が来たと(ニヤッと)言われました(^_-)

>あっ、温泉は行ってなかったでしたね

 私は、今回のテーマの一つの温泉(スーパー銭湯)に行けて良かったですよ♪
 築港のオスパそれと北手宮殿はとてものんびりできましたよ。
 次回は、朝里温泉にでもと思っています。

 

投稿者 ゴジラ : 2007年2月22日 23:02

 

こんばんは。

 >“正しい観光客”には なれないかも!(笑)

ハハッ。 思い出しましたよ。
奥沢の居酒屋のマスター、私が時々行った時に
今日はどこどこへ行ってみました、と言うと、

“正しい観光客”は、そんなところへは行かない、と
冷やかすんですよ。

そのくせ、自分から
「天神町までバスで行って、勝納川沿いを歩いて戻ってみなさい」とか、
「平磯公園まで行くのなら、もう少し国道を上って、そこから海を
眺めてみなさい」とか… 教えてくれるんですから (^o^)

今回は、残念ながら、その居酒屋さんには行けませんでした。

   ☆

>昨日もお客さんと同じような人が来たと(ニヤッと)言われました(^_-)

 ゴジラさん、それは面白かったですね!
 どうして今年は、うちでラーメン食べて雪の中を和光荘に行く客が
 続くのだろうと不思議に思ったかも。

ゴジラさん。 それは、ともかくとして…
まだ、隠してるとこ、あるでしょ!

投稿者 s.fujino : 2007年2月22日 23:55


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.