2008/02/16 (土曜日)

赤い靴親子の像の雪あかり

今日と明日だけ、とブログに載っているのをみつけて
運河公園に行ってみました。

準備の人が一人で頑張っていて、
「まだ少ししか点いてなくてすみません」と言ってくれました。

 
 (2008.2.28 追記)

 画像を追加します。

 出発前にみつけたブログは パンドラの箱: ユキアカリノミチ (2008.2.9) です。

s.fujino : 2008年2月16日 18:30 / 小樽雪あかりの路

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

わぁーい!
トラバありがとうございます♪

わぁーーい、わあーーーーーい!
きれいな写真ですね。 

わあーーーーい!!

投稿者 ナカムラアリ : 2008年2月28日 21:56

 

ナカムラアリさん、こんばんは。コメントどうもありがとうございます!
ほんと素晴らしい雰囲気でした。
行ってみてよかったです。

あの日、『赤い靴親子の像』にたどり着いた時の、前後の様子を書きます。

  ☆

2日目のこの日は、明るいうちに運河公園に着きたくて、夕方5時過ぎにホテルを出て
北運河の散策路を直行... と考えていたのですが、中央橋からの眺めに見とれて時間が
かかってしまいました。(運河のボートの画像はこの時に写しました。)

立ち止まってゆっくり眺めたい気持ちを抑え足早に歩いて、竜宮橋の手前あたりまで来たら、
三脚を持った人に 「この先はもう何もないんですよね?」と聞かれました。

「このちょっと先の、運河公園の赤い靴の女の子の像のまわりに、今日はあかりが
 ともってるそうです。私も行くところです。」と答えました。

北浜橋から先の散策路はかなり雪が深く、前を歩く人もいなくて、
ブログに載ってはいたものの本当にやってるのかな、と少し不安になってきました。

道路に上がって運河公園を見たら、真っ暗。 やっぱりやってないか、さっきの人も
こっちに向かってるかな、悪いことした....と思って見渡すと、向こう左奥が明るくなっています。

公園を対角線に横切って進むのはとても無理で、南側の道路を回ってたどりつきました。
(『赤い靴親子の像』が公園のどのあたりにできたのか、知らなかったのです。)

道路から公園に上がれるように作ってくれてあった雪の階段を上がると
準備の方が一人で一生懸命スノーキャンドルを補修して点火していました。

帰りは散策路に戻らずに大通りを運河プラザまで戻りましたので、この先は何もないの?と
聞いた人が私の後からやって来たかどうかわかりません。
地元の方ではないような感じでしたので、雪の夜の北運河を一人で運河公園まで歩くのは
もし初めてだったら、ためらったかもしれません。

もし来ていたら、本当に素晴らしい光景を目にして、いい写真が撮れたと思います。
(私は三脚なしで手持ちですから、いつもブレブレです (^_^;)

   ☆

この日は、ホテルでのんびり朝食をとって、海鳴楼のツタを見て、浅草橋から歩いて
運河プラザに寄って、駅前から工業高校前までバスで行って、
それから、最上のカネサ珈琲 → 洗心橋 → 緑歩道橋 → uguis → 初音橋 → 紅葉橋 → 花園グラウンド →
花園グリーンロード → 花銀(米華堂さん)→ ホテル → 中央橋 → 運河公園 → 運河プラザ→ ホテル
とずっと歩きました。

   自分の町ではとてもとても(冬じゃなくても)こんなに歩けません。
   一日楽しく歩いてしまうのは、雪の街と雪あかりの路の魅力なんだと思います。

この夜はホテルに戻って一休みして、ニューポートに出かけました。

投稿者 s.fujino : 2008年2月28日 22:16

 

今日、運河公園で開催されたイベントで、
もしかしたら、上の画像を使っていただいたかもしれません (^^)

投稿者 s.fujino : 2008年9月 6日 14:57


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.