2009/02/13 (金曜日)

もうあと二日の雪あかりの路

今年で11年目の小樽雪あかりの路。
会期の終盤を初めて非情な雨が襲う。

スノーキャンドルが雨に打たれる手宮線会場。
ボランティアスタッフが消えたキャンドルをひとつひとつ点火し、
丁寧に補修して回る。
「大変ですね」と背中から声がかかると、今つけた灯りが目に霞む。

夜9時を過ぎろうそくを回収し突然の闇に立ちつくして、
そうか。今日のあかりは自分自身のために灯ったんだと気づく...
     ☆
きっと、そんなかけがえのない記憶をボランティアスタッフの胸に残して、
もう、あと二日の雪あかりの路。

s.fujino : 2009年2月13日 22:53 / 小樽雪あかりの路

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

こんばんは
小樽で奮闘されている様子を拝見しています(^^ゞ
今日は2月らしくなく雨が降り、最終日の日曜は強風の予報ですね

たとえどんな状況でも灯りを絶やさないという気概のあるボランティアの方々の
姿勢をs.fujinoさんは胸に焼き付けているのでしょうね

投稿者 hkotsw : 2009年2月13日 23:36

 

hkotsw さん、

小樽は今も雨が降っています。
このまま降り続くと、明日の点火前の補修が心配です。

残っている雪を何とか集めて、初めの頃のような素朴なあかりに再生して、
きっと、あと二日間訪れる人を楽しませてくれると思います。

そして、ワックスボウルが救いのあかりになりそうです。

投稿者 s.fujino : 2009年2月14日 01:45


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.