2010/11/04 (木曜日)

冬が来る前に、もう一度...

今日は11月4日。
小樽市分庁舎のポプラが伐採されてから1か月が過ぎました。

地元の方々の思いに比べれば、旅行者の私の寂しさなどは小さなものかも
しれません。それでも、初雪の前にもう一度あのポプラに会いたかったなと、
しみじみ感じています。

今はもう何を言っても空しいだけですけれど。

         *

ともかくも ――
中断していた6月の小樽滞在記は、もう少し書いておきます。


 今年6月16日の天狗山です。

当日、ケータイで送信した時にも書きましたが、ロープウエイのきっぷ売り場で
「山頂は霧がかかっていて、景色は見えませんけどいいですか?」と聞いてくれました。

登ってみたら、霧の中に天狗桜が浮かんで幻想的でした。

以前から比べると、大きな枝がなくなって木が小さくなったような感じです。
見る角度によっては中央の「しん」がなくて、枝が左右のかたまりに分かれて見えます。

今年の春、その形を「ハート型の桜」と書いたブログをいつくか見つけました。
樹形が目立たないように、桜の花を少しアップで写している人もいて、天狗桜が
みんなに愛されていることがわかりました。

あの日、霧を集めた水滴が桜の実に光って、木の命が輝いているように見えました。

s.fujino : 2010年11月 4日 00:05 / 小樽へ
タグ: ,

このエントリーのトラックバックURL

コメント


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.