2012/02/21 (火曜日)

塩谷からの手紙



塩谷雪あかりの路実行委員会から、私あてにもごあいさつの手紙を
いただきました。どうもありがとうございます。

塩谷会場の様子は、当日、小樽から画像と動画を送信しましたが、
今年もまた、少し時間をかけて、塩谷日記をまとめたいと思っています。

s.fujino : 2012年2月21日 00:15 / 小樽雪あかりの路
タグ:

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

To fujino
突然ですが 嬉しい大ニュース!昨日(3/9)事務局より オブジェコンテストで なんと「小樽雪あかり賞」を受賞!写真は14・5日広報に掲載されるとのことです。先ずはお知らせまで        T.Iwata

投稿者 塩谷雪あかりの路実行委員会(岩田) : 2012年3月10日 12:22

 

岩田さん、
当日は大変お世話になりました。どうもありがとうございます。

小樽雪あかり賞、おめでとうございます。
素晴らしいです!

広報に載ると、来年は市内からたくさんの人が訪ねてくれますね。
塩谷会場のあかりの美しさは、これからだんだん、
広く伝わっていくと思います。

塩谷の皆さんは準備が大変ですけれど、
これからも楽しみにしています!

投稿者 s.fujino : 2012年3月10日 18:14

 

To fujinoさん
報告が遅れてすみません。やりました!第14回小樽雪あかりの路オブジェコンテスト部門「最高賞-小樽雪あかりの路賞」を獲得!14日報道各社に そして15日新聞発表。とっても嬉しかった。
この賞は塩谷住民の勲章です。少子・超高齢化社会が急速に進行する中 みんなで少しでも元気な町へと
立ち上げたイベント。 この灯りを被災された東北の方々そして全国に届けたい。
それにしても 伊藤整文学碑・周辺の林の散策路に千本以上のキャンドルで彩った幻想的な情景はいいですね。藤野さんの撮影技術指導のお陰です。ありがとうございました。来年もまたお会いできることを楽しみにしております。(岩田)

投稿者 T.Iwata : 2012年3月17日 14:31

 

岩田さん、

>やりました!第14回小樽雪あかりの路オブジェコンテスト部門「最高賞-小樽雪あかりの路賞」
私はネットで、公式サイトの発表のページを見ました。
最高賞で一番最初に載りましたね!
素晴らしいです。おめでとうございます。

広い会場でたくさんのあかりを手分けして準備すると、あかりのつながりを
まとめるのが難しかったと思いますが、会場全体がとても美しくまとまっていました。
そのことも、最高賞に輝いたポイントだったと思います。
塩谷の皆さんのご協力があったからこそですね。

そして何よりも、あかりだけを作って見せるのではなくて、あの丘を
地元の皆さんがあかりで飾ったことが高く評価されたのだと思います。
本当におめでとうございます。

>藤野さんの撮影技術指導のお陰…
いえいえ。会場が美しかったからこそ、です。
どこから見ても素晴らしい光景でしたが、雪の展望台からの眺めは
格別でした!

>来年もまたお会いできることを楽しみに…
どうもありがとうございます。
土・日の2日間のうち2日目にお伺いしたら、会場で、
「今年は姿見えなかったから、もう見放されちゃったかと思いましたよ」なんて
楽しいジョークをいただきました。
私のほうこそ、忘れられないように、また機会を作ってお伺いします。

投稿者 s.fujino : 2012年3月18日 00:32


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.