2006/12/03 (日曜日)

花も紅葉も月も雪も

ちょうどひと月前の11月3日、千葉に戻る前日、十三夜の夜を
籔半で過ごした。
席に案内してくれるまで数分待っていると「映画で歩く小樽の休日」
のカレンダーが目に入った。


夏に飲んだハートランドの生ビールと、日本酒を少し飲みながら
この一年を思い返した。

 
2月の小樽雪あかりの路、5月の桜、紅葉と十三夜の月。
花も紅葉も月も雪も、今年はこの街で見ることができた。
あ、そうだ、8月はこの同じ席で冷や奴も楽しめたのだった...

その仕合わせを思いながら "蕎麦屋で一杯" をやっていると、
頃合いを計っていてくれたように蕎麦屋親爺さんが現れた。
 
平磯公園から銀鱗荘に寄って桜町の WHITE-HOUSE を訪ねたこと、紅葉や
運河のツタが見事だったこと、キアロに行ってスタンプを押してもらった
ことなどを話した。

後志管内を心にかけるお忙しい日々の中で、この夜は『蕎麦屋親爺の独り言』
ブログを更新するところも見せていただいた。

久しぶりの再会と思わぬ展開に話がはずみ、時のたつのも忘れて、十三夜の
夜は更けていったのだった。

  ☆

P.S.1 十三夜の夜は更けていきましたが.... (^^)
    実はこの後、1時2時まで平気でやってるという
    ニューポートに行きました。ニューポートを出た頃は、ほんとに
    十三夜の夜が更けていました (^_^;)

P.S.2  この日の様子は蕎麦屋親爺さんのブログのどこかにも載ってるかも
     しれません。

P.S.3  ネットで検索してみたら、「映画で歩く小樽の休日」のカレンダーが、
     小樽フィルムコミッションのサイトに載っていました。

s.fujino : 2006年12月 3日 00:55 / 小樽へ

このエントリーのトラックバックURL

トラックバック

» スクープ!!冬のメニュー 第3弾は? from ぱんだの村
 {/fuki_yonde/}  第1弾は「にしん漬け」 そして第2弾は「雪見豆腐」 {/kaeru_en1/}  『蕎麦屋親爺の独り言』にも まだアップ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月18日 23:03

コメント

 

 今晩は、皆さん!

>席に案内してくれるまで数分待っていると「映画で歩く小樽の休日」
のカレンダーが目に入った。
 ということは このカレンダーは s.fujino宅で出番待ちでしょうか?
 月めくりにも 楽しみが増えましたね♪

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月 3日 22:40

 

こんばんは。

>ということは このカレンダーは s.fujino宅で出番待ちでしょうか?

 はい。それはもう!

自分用にひとつ買って、雪あかり5人組のみんなへのお土産にもしました。



実は、籔半のお酒に酔ったか楽しいお話に酔ったのか...ひとつ多く買ってしまって…。
これ、どうしようかと迷ってます。(^^)
籔半のシール付きです!!.

投稿者 s.fujino : 2006年12月 3日 23:04

 

 あはっ! それはそれは...。

 部屋ごとに 飾られてはいかがでしょうか?

 どうしてもと おっしゃるのなら逆輸入(笑)もありですが。

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月 3日 23:30

 

カスタマイズがうまくいった記念に、
このカレンダー、先着1名様にプレゼントしちゃいましょうか (^^)

  応募がなかったら… その時は、小樽に逆輸出ということに。(^o^)/

投稿者 s.fujino : 2006年12月 5日 01:11

 

今晩は みなさん!

今宵も冷えます(-.-;)
根雪確定かな…師走ですからね。
(誰か手をあげたかな?若者はご辞退いたしますよm(_ _)m)

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月 5日 20:11

 

こんばんは。

 >今宵も冷えます(-.-;)

 ン? 132歳の若者さん、米華堂の前を通ったようですね (^o^)/

投稿者 s.fujino : 2006年12月 5日 21:50

 

 今晩は 皆さん!

 海外からの“お客様”がいらしていたんですね。
 すご~~い ♪

 英語の勉強させて いただきます。
 生の英会話ですから...。

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月 7日 00:29

 

こんばんは。

>海外からの“お客様”がいらしていたんですね。

 ほんとに、今、すごいことに、なってます。(^o^)/

テクノラティで見つけて、載せてみました。
トラックバックを送ろうと思いましたが、もし、コメントが来たら
そのお返事を書くのが大変そうで、TBは遠慮しました (^_^;)

そしたら、なんと、Dreamy さんからコメントをいただいてびっくり。
嬉しかったです。

そして、もう一度行ったら、今度は、「有朋自遠方來」のタイトルで
紹介してくださって、またびっくりです。(^o^)/
高校生の頃、漢文で習いました。「…また楽しからずや」ですね!!

Dreamy さんが、

    Otaru is a very beautiful and elegant place.

と、コメントで書いていましたね。

投稿者 s.fujino : 2006年12月 7日 00:50

 

初めまして。その「映画で歩く~」を描きました椎名と申します。この度はカレンダーをご購入いただいただき、誠にありがとうございます。気に入っていただければ、描き手として幸甚に尽きます。

投稿者 シイナジロウ : 2006年12月 8日 21:15

 

こんばんは。
びっくりしました。椎名さんご本人なんですね!
コメントとうもありがとうございます。

7枚どれも素晴らしいです。特に手宮線とさかい家がいいですね。
一年間ずっと小樽を楽しめます。

投稿者 s.fujino : 2006年12月 8日 22:10

 

ありがとうございます。手宮線とさかい家は最も気に入って描いたモチーフです。光栄です。

投稿者 シイナジロウ : 2006年12月 9日 10:55

 

椎名次郎さんのホームページをみつけましたよ。

   sketch-hunting's WEBSITE

※ 2008.6.4 追記です。
椎名次郎さんのブログは、次のところに移っていました。
SKETCH-HUNTING
カレンダーの記事が、水彩日和: カレンダーが完成 にありました。

投稿者 s.fujino : 2006年12月14日 00:46

 

 「My Clip」に エントリー ありがとうございます。

 やはり 藪半 気になりますか?

 また 新しいネタ見つけてきますね。

投稿者 しろぱんだ : 2006年12月18日 23:07

 

しろぱんださん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。

たちかま、美味ですよね。
一度いただいて... 懐かしいです。

「更新が滞ってる」と言いに行ってみてはいかがですかぁ~。
 (それとも、雪見豆腐のところにTBしちゃうとか... ハハ ^^)

蕎麦屋親爺さん、きっとお忙しいんですね。

投稿者 s.fujino : 2006年12月18日 23:51

 

 本家本元で 「たちかま」UPされました。

 TBもいただきまして 恐縮してしまいます。

 ご報告まで。

投稿者 しろぱんだ : 2006年12月19日 19:12

 

 今晩は、皆さん!

 藪半のたちかま 始まったんですね。
 また 友達と一緒にいただきに行かなくては!

 でも その前に雪見豆腐も食べたいし...。
 迷う、みんなまとめて 食べちゃおう♪

 s.fujinoさん 来年 ご一緒に食べましょうね?
 (一人の方が 気楽でいいかな??)

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月19日 22:28

 

こんばんは。

>s.fujinoさん 来年 ご一緒に食べましょうね?
>(一人の方が 気楽でいいかな??)
はい。その時のなりゆきということで…(^o^)

鰊漬けは、雪あかりの路の頃にはもうおしまいですね。
去年は12月に食べました。初めて食べましたが、
美味しかったです! 糸とうがらしが綺麗でした。

たちかまも数年前、一度だけチャンスがありました。
いやぁ~ うまかった!
(でも、2月まであるかどうか…。)

雪見豆腐は、画像を見たら、器が紙でできてるようですね!
楽しみです!

投稿者 s.fujino : 2006年12月19日 22:44

 

>はい。その時のなりゆきということで…(^o^)
 そうですね! 何が起こるか(笑)わかりませんし...。

>器が紙でできてるようですね!
 近日 調査いたします(楽しい調査になりそう♪) 

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月19日 23:03

 

思い出したので、報告です。

行き先が決まらなかった6つめのカレンダーは、
小樽出身の人がこちらでやってるカラオケスナックにプレゼントしました。

そしたら…
店に飾るのはもったいないからと、自宅に持って帰ったそうです。
(代わりに、店には、今年の雪あかりのポストカードが飾ってありました。)

 そろそろ、また行ってみましょうか。 >ほりべいさん。

投稿者 s.fujino : 2007年6月 8日 00:40


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.