2006/12/10 (日曜日)

塩谷の浜辺



長橋から先、バスの窓からずっと秋色の斜面の林が見えて、
早春か新緑の頃もきっといいな、と思いました。

バスの終点は、塩谷海岸。

運転手さんに文学碑への道を教えていただいてから、
塩谷の浜辺を歩いてみました。

 
ここに来る途中、両国という蕎麦屋さんの大きな建物が見えました。
帰りにこの辺でバスを降りてお昼を食べてもいいな...と、その時は
考えていました。

(あとで知ったのですが、「両国」は奥沢の籔半水木さんの
 ゆかりのお店なんですね。)

s.fujino : 2006年12月10日 22:31 / 小樽へ
タグ: , ,

このエントリーのトラックバックURL

トラックバック

» タカクワクラブ (永久保存版) from すてきな空間・すてきな時間
<font color=black>小樽には夏になると12日間開催される伝統的な日本古式泳法の水泳クラブがありました</font> ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年12月18日 03:24

コメント

 

 今晩は、みなさん!

 いかにも “晩秋の塩谷” ですね。
 歌の2番にもでてきます♪♪(あっ! 一人でしたね。)

      『小樽のひとよ』 
                  池田充男 作詞
                  鶴岡雅義 作曲

    逢いたい気持ちが ままならぬ
    北国の街は つめたく遠い
    粉雪まい散る 小樽の駅に
    ああひとり残して 来たけれど
    忘れはしない 愛する人よ


    二人で歩いた 塩谷の浜辺
    偲べば懐かし 古代の文字よ
    悲しい別れを ふたりで泣いた
    ああ白い小指の つめたさが
    この手の中に いまでも残る


    小樽は寒かろ 東京も
    こんなにしばれる 星空だから
    語り明かした 吹雪の夜を
    ああ思い出してる 僕だから
    かならずいくよ 待ってておくれ
    待ってておくれ

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月10日 22:59

 

こんばんは。

 >歌の2番にもでてきます♪♪(あっ! 一人でしたね。)
 あはっ。 こう来ましたね。 やっぱり (^^)

 長橋の Deep なお話、読みましたよ~。
 短い区間にいくつもバス停があるワケが、わかりました。

投稿者 s.fujino : 2006年12月10日 23:07

 

 はい、ちょっと遠征していました。

 でも バス路線てきには お話見えましたでしょ! 多分。

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月10日 23:14

 

近くの店の名前までは覚えていませんが、
なんとなく見えましたよ~。

投稿者 s.fujino : 2006年12月10日 23:23

 

 やはり 恐るべしs.fujinoさん!(笑)

 次回のコースを早々と 段取り...そんな事はないですよね!

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月10日 23:48

 

こんばんは
132歳の若者さんに少し遅れてs.fujinoさんの所にお邪魔します(^^ゞ

塩谷海岸は『タカクワクラブ』と言うスパルタ的水泳道場があり
僕も道場生として6年間毎年通っていたのでとても懐かしいです

ちょうどこの2枚の写真の港から反対側の岬まで往復遠泳してたんですよ☆
途中、足がつってボートに引き揚げられる生徒がいたりして、なんとも辛い
苦しい思い出ばかりですが、今となっては懐かしい思い出に(^_^;)イチオーフォローデス

蕎麦屋の両国はこの辺ではかなり人気のお蕎麦屋さんと聞いておりますので
次回、立ち寄ってみては如何でしょうか?

ちなみに、この場を借りて132歳の若者さんともう一度長橋の話の続きを
してみても良いのですが、この辺で(^^ゞ

投稿者 hkotsw : 2006年12月11日 00:52

 

こんばんは。

今日はこちらは、懐かしい寒さでした。 と言っても…(^_^;)

夕方のテレビで、関東ローカルの天気予報に出てくる気象予報士が、
いつも親切なアドバイスをしてくれるのですが、昨日は、
「明日は真冬並みに冷え込むので、この冬で一番暖かい服装をして
お出かけください。」と言ってました。

 で、今日の最高気温は、9度ぐらい。
 (あ、雪を投げないでください :-)

お昼前から雨が降り出して、このところカラカラだった空気が
しっとりしました。夕方には雨がやんで、路面も光って…
なんとなく懐かしい感じでした。

   ☆

>塩谷海岸は『タカクワクラブ』と言うスパルタ的水泳道場があり
>僕も道場生として6年間毎年通っていたのでとても懐かしいです 

 あ、それで、「ちらっとダイジェスト」のところで、
>タカクワ道場近辺含む
 と書かれたんですね。

>ちょうどこの2枚の写真の港から反対側の岬まで往復遠泳してたんですよ☆
 それは、すごいです!

>ちなみに、この場を借りて132歳の若者さんともう一度長橋の話の続きを
>してみても良いのですが、この辺で(^^ゞ

 hkotsw さんが帰省して小樽で新しい記事を書かれるまで、
 使っていただくと楽しいと思いますが、でも
 私があまり詳しくなくて、きっと、お二人のお相手には役者不足... ですね。(^_^;)

投稿者 s.fujino : 2006年12月12日 20:56

 

こんばんは~。

>早春か新緑の頃もきっといいな、と思いました。

そう、いいんです!
道路も雪がとけて平地は春の装いなのですけど、ここから見える
向こう側の積丹方面の山々は真っ白。おぉって感じで見とれてしまいます。

それから夏も。夏は忍路とか小樽の西側って海に沈む夕日が
見えるのです。

・・・と、突然失礼しました。晩秋の塩谷の写真に目を引かれたので
思わず書き込みを。

そうそう、fujinoさん、来年の雪あかりの路に来樽されますよね?
来年の雪あかりの路に合わせて限定発売される切手シートにわたしの
写真も使われることになりました。運河プラザに立ち寄ることがあったら
見てみてくださいませ。

投稿者 webmistress : 2006年12月15日 20:27

 

webmistress さん、こんばんは。
天狗山の「冬の宝石」、見ましたよ!

>道路も雪がとけて平地は春の装いなのですけど、ここから見える
>向こう側の積丹方面の山々は真っ白。おぉって感じで見とれてしまいます。

 今度、早春か初夏か夏に、機会があったらもう一度行ってみたいです。
 (また行ってみたい場所が増えてしまった…(^_^;)

>そうそう、fujinoさん、来年の雪あかりの路に来樽されますよね?

 はい。それはもう。
 ホテルがとれなかったら日帰りでも。 飛行機がとれなかったら這ってでも。:-)

>来年の雪あかりの路に合わせて限定発売される切手シートにわたしの
>写真も使われることになりました。

 素晴らしいです! (今、小樽ジャーナルを見てみました。)
 どんな写真か、楽しみです。
 (雪ダルマ…かな?)

 公式サイト ができましたね!

投稿者 s.fujino : 2006年12月16日 00:22

 

 忘年会から お帰りなさい!

>ホテルがとれなかったら日帰りでも。 飛行機がとれなかったら這ってでも。:-)
 では 津軽海峡は 泳ぐんですね!?(笑)

 寒いので スーツ着てくださいね!

投稿者 132歳の若者 : 2006年12月16日 01:07

 

こんにちは。
hkotsw さんから塩谷海岸の画像をいただきました。


もう一度行ってみたいと思っていますが、
今回は時間がとれませんでした。

右端の、なだらかな坂道の手前に写ってるのが
"北ホテル" ですね?

    すてきな空間・すてきな時間: 思い出の塩谷 見ましたよ!

投稿者 s.fujino : 2007年6月 4日 17:39

 

こんばんは
3日は晴れにもかかわらず少し霞んでいたので遠くまで綺麗に写りませんでしたが
塩谷がこんなに自然に囲まれているという表現が出来たかな?と思っています(^^ゞ

ちなみに、北ホテルは車が3台ほど駐車していました

正午になると消防のサイレンが響き渡り、のどかな時間を楽しむことが出来ました♪

投稿者 hkotsw : 2007年6月 4日 23:18

 

hkotsw さん、こんばんは。

いったん戻って、トンボ "帰り" しそうな気配ですね…(^^)

次回は、塩谷で一日ゆっくりしたいところですが、
それがなかなか難しくて。

投稿者 s.fujino : 2007年6月 4日 23:37

 

こんばんは。

hkotsw さんの「塩谷駅」、見ました。
倶知安の美術館に何度か行って、いつか塩谷で降りてみたいと
思っているのですが、まだ実現していません。
(去年の秋は、17番塩谷線のバスに乗って行きました。)

ところで、

「小樽ヤフブロの会」というのができたようですね。
hkotsw さんも参加資格がありそうですよ!
(MY CLIP に入れました。)

投稿者 s.fujino : 2007年9月 2日 23:48


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.