2008/03/07 (金曜日)

昼間の銀河


 2月15日午後、手宮線会場 "地上の銀河" の様子です。

私が滞在した間も大雪が続いて、雪あかりの路最終日の17日には、
それまでの最大積雪深記録更新という状況でした。

 あかりをひとつともすまでの苦労はどれほどだったでしょうか。

 
 それぞれの思いと、美しい写真が、皆さんのところに。

   雪あかりの路のはじまり、はじまり(『小樽散歩』 2月9日)

   地上ノホシゾラ(『蕎麦屋親爺の独り言』 2月12日)

   手宮線に灯る キャンドル(『ぱんだの村』 2月24日)


私も、なんとか、1枚。



s.fujino : 2008年3月 7日 21:33 / 小樽雪あかりの路
タグ:

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

トラックバック

» 銀河は 続く...。 from ぱんだの村
 趣向をこらした 灯りの連続の手宮線 {/kirakira/}  見とれてしまいました{/face_heart/} [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年3月 7日 22:28

コメント

 

TBありがとうございます。
あの頃は 本当によく降りましたね。

灯りがともる合図の花火 懐かしくないですか? 

投稿者 しろぱんだ : 2008年3月 7日 22:14


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.