2010/11/18 (木曜日)

再びゴロダの丘へ

今年2月の雪あかりの時のことを懐かしく思い出します。



s.fujino : 2010年11月18日 14:43 / モバイルから / 小樽へ
タグ:

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

大変ご無沙汰して申し訳ございません。「塩谷雪あかりの路」のご案内遅れてすみません。明日5日(土)
17時開会です。開会式には、伊藤整作詞の塩谷小学校校歌の斉唱や雪あかりの路の由来となった「雪夜」
(ゆきよと読みます)の朗読があります。周辺を散策できるスケールの大きなコースも作りました。
小・中学生も参加し、素朴ながら楽しんで頂けると確信しております。是非お出で下さるようご案内申し上げます。

投稿者 塩谷のかもめ : 2011年2月 4日 21:39

 

塩谷のかもめさん、こんばんは。
お知らせ、どうもありがとうございました。

塩谷小学校の校歌は、「丸山に朝日さすとき 友さそい小川のほとり…」ですね。
以前、小学校の体育館で見せていただいて、最初のところは覚えています。

あかりに浮かぶ文学碑の前で、子供たちが伊藤整作詞の校歌を歌い、
詩が朗読される… 
さすが塩谷会場ですね! きっと素晴らしい光景になると思います。

本当に残念ですが、明日土曜日の開会式は都合がつかなくて、
日曜日の朝こちらを発って、夕方、塩谷にお伺いします。
文学碑周辺の散策コースも、一晩ゆっくり楽しみたいと思います。

どうもありがとうございました!

投稿者 s.fujino : 2011年2月 4日 22:46


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.