« 2013年10月 |メインページ| 2015年2月 »

2014年2月の記事

2014年2月 5日

あの日の小樽運河へ

去年2月の小樽滞在記がずっと未完のままでした。
今年の雪あかりが始まらないうちに、急いで続きを書きます。

2013年2月16日、3日目のこの日、潮見台で道に迷いながら、なんとか
和光荘にたどり着いて、その後、地元の fisherman さんと合流して
松ヶ枝町の Luna Park で鉄板ナポリタンをごちそうになったところまで、
去年4月に書きました。
 潮見台彷徨(後編)

去年は、7月の住吉神社の例大祭に合わせて小樽を訪ねる予定でしたので、
それまでに少しずつ、雪あかりの滞在記の続き書けばいい、と考えていました。

ところが、7月のホテルの予約がとれなくて、小樽祭りは断念しました。
私の予約が遅れたせいなのですが、その時は、いつものホテルに断られたような
気がして、2年越しで楽しみにしていた小樽三大祭り完結の予定が狂って、
少し気落ちしていました。

次は紅葉橋の紅葉の頃か、(旧)ロングクリスマスの頃にとも考えましたが、
結局去年は2月だけになってしまいました。

 
   ☆

2013年2月16日、
fisherman さんの車で Luna Park から入舟十字街まで送っていただきました。
運河のホテルまでのんびり歩くつもりでしたが、ちょうど来たバスに乗って駅まで行って、
中央通りを下りました。


2013年2月16日、中央橋からです。
何度か書きましたが、私が初めて運河を見たのがこの場所でした。



 左が2013年2月16日。右は1999年2月18日に写したものです。

14年前のあの時も、ちょうどガス灯にあかりがともり始めて、スロープに沿って
雪あかりのスノーキャンドルが並んで、そして、 カナルJ・Bインの屋上が白く
照らされていました。

2月の小樽でこの場所に立つと、思いはいつもあの日に飛んでいきます。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

もう一度運河会場へ

2013年2月16日、午後4時過ぎに中央橋からホテルに戻りました。

ふる川では、ケトル、コーヒー豆、手挽きミルとドリップのセットを
部屋に届けてもらえるようになっていて、窓から見える浅草橋の様子を
眺めながらゆっくりコーヒーを楽しみました。

適当な時間に下りていって、もう一度運河会場を歩こうと思っていたのですが、
ウトウトしてしまって目が覚めたら午後8時を回っていました。

昼間、潮見台をたっぷり歩き回った疲れが出たのですが、ひと晩にあちこちの
会場を走り回った頃と比べると、気が緩んだというか、今夜もあかりがついたら
ちょっと行ってみるか、と思えるようになったというか... :-)



4日目の翌日は早めに夕方のJRで小樽をはなれましたので、雪あかりを
楽しむのは今回はこの日が最終でした。
時々風が強くなって、ガス灯と倉庫のライトアップの照明の中に雪が流れて
綺麗でした。

 
この日の夜は花園で楽しみました。

もうだいぶ前に地元の fisherman さんに連れて行っていただいた店で、
だいたいいつも fisherman さんと一緒なのですが、昼間会った時に、
この数日はお仕事の関係で気ぜわしい日が続いている様子でした。
それに、前日のねぐらに続いて連日つきあっていただくのが申し訳なくて、
fisherman さんにだまって、一人で行きました。

地元の常連のお客さんでにぎわっていて、地元でも常連でもないのは、
いつも私だけですが、この日も、自分の地元で過ごしているような、
ゆったりといい時間を過ごせました。

「あずましい」とは、こんな感じのことを言うのかもしれません。

Permalink / コメント (4) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

2014年2月 7日

帰路、日銀通りのプラタナス



2013年2月の小樽滞在は、2月17日が最終日でした。

ふる川で遅い朝食をとって、チェックアウトして荷物を預けて、
北運河まで歩いたり、アルチザンのお雛様を見に行ったりと、
のんびり過ごしました。

画像は、帰路の日銀通りのプラタナスです。

昨年は、小樽祭りと秋の紅葉かロングクリスマスのころに、また
来ることができるかな、と思っていたのですが、結局雪あかりの
2月だけになりました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽雪あかりの路

スナップ集 小樽2013年2月



 昨年2月の小樽のスナップです。
 これまでの記事の中で使わなかった画像をまとめました。

 









Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

2014年2月11日

おたる、初雪のブログ 2013

小樽の初雪を地元の人が書いた「初雪のブログ探し」を始めたのは
2005年11月でした。

小樽雪あかりの路が始まった今、昨年11月8日の初雪から3か月も過ぎて、
今頃になって恥ずかしいのですが、
毎年ずっと続けてきたことが途切れてしまうのは寂しいことですので、
やっぱり載せることにします。


昨年11月8日の午後「天狗山に雪が積もりました」と、小樽市のツイートで
読みました。

天狗山が初冠雪したら、街にチラチラ初雪が舞うのも近いかな、と思っていたら
雪の始まりは様子が違っていました。

 
小樽散歩:いきなり積雪!?

「土砂降りの雨は、いつの間にか雪へと変わった。」
そして、季節はこの時から一気に冬に。
毎年、雪あかりの美しい写真を見せてくれるwebmistressさんの
ブログとホームページ。

昨日は、富岡カトリック教会のあかりが載っていました。


Bitter,sweet,Days And Nights:2013初雪小樽

「風邪をこじらせて肺炎手前...」だったそうですが、高熱とひどい咳のなか
初音橋付近の様子を見せてくれました。
kazuki62 さん、懐かしかったです!!


とぼとぼ日記:初雪だ!

tomonogawa さんの『とぼとぼ日記』は、今回のブログ探しでみつけました。
「42年ぶりで小樽に戻る。」と自己紹介されていました。


オカンの小樽の畑暮らし:おたる 初雪

「初雪です!
 冬への扉が開きました。」
まだお会いしたことはありませんが、お店の前は時々歩いています。

 今年の雪あかり初日の記事も読みました。


小梅太郎の「小樽日記」:ついに冬到来。小樽の街がうっすらと雪に覆われました

小梅太郎さんのブログには、
天狗山初冠雪の写真が載っていました。


小樽のパパの子育て日記:初雪

花園グランドから眺めた天狗山の写真が載っていました。
『小樽のパパの子育て日記』は、2007年の初雪の時に見つけました。


Good night, Sleep tight:初雪降りました♪

「朝から降っていた雨がバラバラバラという音に変わったと思ったら、
 あっという間に窓の外は真っ白。」

3年前にさかのぼって、初雪の日付が載っていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / ブログとネット / 小樽へ

2014年2月12日

16年目の欠席届



1999年2月18日、日帰りで初めて小樽を訪ねたとき、
ちょうど第1回小樽雪あかりの路が開催されていて、
夢のような数時間を過ごしました。

それからずっと、毎年2月に小樽を訪ねることが一番の楽しみでした。
16年目の今年は、欠席します。

昨年から体調を崩していた弟が、来週あたりから検査入院することになって、
私も地元にいることにしました。

 
     ☆

今年の小樽雪あかりの路が始まって、最初の土曜日の2月8日、
関東は(関東としては)記録的な雪が降りました。


 スノーキャンドルを作りました。

 雪の街に思いを馳せて、今年はセルフサービスの雪あかりです。

Permalink / コメント (8) / トラックバック(0) / private / 小樽雪あかりの路

« 2013年10月 |メインページ| 2015年2月 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.