「気温」のタグがある記事は 15 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2013-03-25 (月曜日)

浅草橋の温度計

 2月の小樽滞在記に戻ります。

2日15日、花銀からホテルに戻ったところまで書きました。
途中、浅草橋の温度計の表示は-1.8℃ でした。

4日間の浅草橋の温度計の画像を並べます。

 
2月14日 17:42 1.5℃
小樽に着いた日の夕方。なんと、プラスの気温でした。

2月15日 00:16 -0.3℃
初日の夜、日付が変わったころはマイナスに。
いたまま(旧いたさん)のおでんとビールで、
体もあったかでした。:-)

2月15日 16:17 0.2℃
最上町から歩いて、夕方ホテルに戻る前。
まだプラスでした。

2月15日 19:20 -1.8℃
コロンビアからいったんホテルに戻る前。
マイナスの表示を見て、なぜかちょっと安心。:-)

2月15日 19:49 -2.1℃
ふる川の部屋の窓から浅草橋が見えます。
私のコンデジは望遠側は弱いのですが、
なんとか読めました。

2月16日 17:29 -3.7℃
3日目の夕方。ふる川の部屋の窓から。
前日より少し下がりました。

2月17日 12:07 -1.2℃
最終日のお昼すぎ。
いい天気になりました。

     ☆

2月14日から4日間でだんだん気温が下がっていきましたが、
雪あかりのころにしては、かなり暖かいほうだったと思います。

今、小樽のピンポイント天気を見たら、
明日3月26日の気温の予想は、午前6時が-7℃、正午が 0℃でした。

まだまだ寒い日がありますね。いい春が来ますように!

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2013-03-06 (水曜日)

たくぎんの温度計が無い


  2月15日午後の稲穂十字街です。

去年の夏、お盆に帰省された hkotsw さんから、北洋銀行小樽中央支店の
店舗建て替え工事が始まると教えていただきました。

小樽に着くと、いま気温が何度ぐらいか見当をつけて、
自分のカンが当たってるか見るのが楽しみでした。
雪あかりの深夜にほろ酔いで通りかかって、まだこんなものかと強がってみたり...。
ここには懐かしい記憶がたくさんあります。

 リンクです。from OTARU(画像の掲示板)から、
  No. 2255 憂愁の・・・(2012.8.14)
  No. 2257 これで見納め(2012.8.15)

 
北洋銀行小樽中央支店の新店舗に温度計が復活するといいなと願いを込めて、
今までに写した画像全部並べて "奉納" です。

クリックすると、大きい画像が開きます。
大きい画像の上でもう一度クリックすると元の表示に戻ります。 スライドショーのページ も作りました。

















Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-11-15 (月曜日)

気温2.3℃

先ほど午後8時過ぎ、運河の浅草橋の気温です。
正午過ぎに小樽に着いてから、何人もの方が「寒いから気をつけて」と言ってくださいました。

今日、ぐっと気温が下がったそうです。懐かしい寒さです。

今日深夜には0℃まで下がる予報です。


Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / モバイルから / 小樽へ

2009-07-10 (金曜日)

海鳴楼のツタ 2009年6月


 夏至の翌日、6月22日の海鳴楼です。
 
 この日、午前10時過ぎの気温の表示は26.8℃。
 暑い一日になりました。

Permalink / コメント (1) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-11-17 (月曜日)

都通りの温度計

10月26日、小樽に着いて歩道橋に登って降りて、
ハヤシライスを食べてコーヒーをいただいて、
アルチザンでもう1杯コーヒーを飲んでから
ホテルに向かいました。

 途中の都通りの気温の表示は9℃でした。
 
ほんの数時間で10度近くの気温差の中に身を置くことになったのですが、
その時は寒さが苦になりませんでした。ところが、
夜の食事の後、ホテルまでのわずかな距離を歩いた時は、2月の頃よりも
ずっと寒さを感じました。

滞在中は毎日1度ずつ下がっていって、29日は6度台になりましたが、
二日目からは自分で不思議に思うくらい体がなれて、ずっと快適に
歩きました。

小樽はその後、いったん暖かさが戻ったようですが、今週の予報には
雪マークが並んでいますね。

     ☆

 こちらも写しました。


Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-11-14 (金曜日)

浅草橋の小樽観光案内所


10月26日の9℃から気温が下がっていって、29日は6℃台になりました。
 
運河の観光案内所は、今まで気温を写すだけでしたが、
今回初めて中に入ってみました。

運河プラザでいつもお世話になった田中さんに会えました。
どうぞこれからもお元気で。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-08-13 (月曜日)

小樽の好きな場所(hkotswさん)

帰省の前に、hkotsw さんが「小樽の好きな場所」のことを
書いていました。(「すてきな空間・すてきな時間」
そのうちのひとつが、船見坂の...

私も写真を探してみました。
意識して写していなかったので違ってるかもしれませんが...
この右手前の、せお美容室 の広告がある所でしょうか。

  hkotsw さん、どうぞいい休暇をお過ごしください。

Permalink / コメント (20) / トラックバック (0) / メッセージ

2007-06-04 (月曜日)

運河の春 2007年5月



  基本を、忘れないうちに。 :-)

Permalink / コメント (5) / トラックバック (1) / 小樽へ

2007-01-08 (月曜日)

「たくぎんの温度計」

『すてきな空間・すてきな時間』(hkotsw さん)に「たくぎんの温度計」
載っていました。

 私も去年の画像を探してみました。
 




○2月18日 午前0時55分 -6℃
 雪あかりの路の時、漁火友里で初めて132歳の若者さんとfisherman さんに
 お会いして新年会をして、その帰りにちょっと寄り道したらこの時間でした。
 夕方6時半ごろの浅草橋は-9℃ぐらいでした。
 その時よりもずっと暖かく感じたのは、体の中から温まっていたからかもしれません (^o^)

○5月15日 午後4時12分 21℃
 最終日の夕方、駅に向かう途中で写しました。
 この時、初めて手宮公園の満開の桜に出会いました。手宮西小、桜陽高校の丘、
 スタンプラリーの喫茶店めぐり...。ずっと快適に歩けました。

○8月6日  午後4時2分 32℃
 なえぼ公園から桜陽高校のグランドに出て、運河プラザでひとやすみして、日銀通りに
 まわった時の気温です。喫茶店スタンプラリーの続きも歩いてまわりましたが、
 蒸し暑い千葉の夏と違って、元気に歩けました。
 (この時間のこの気温は、hkotsw さんもあまり見ていないかもしれませんね。)

○11月2日 午前11時46分 11℃
 紅葉が見事だった11月の2日め。ビストロ小泉に行く途中に写しました。
 この後、なえぼ公園に向かい、中野植物園、北手宮小に行きました。
 前日の夜は3℃ぐらいまで下がって帽子が役に立ちましたが、翌日からはずっと
 暖かくなって、気持よく歩けました。

ここを通ると記念に写しています。
2月以外にも小樽を訪ねるようになってから、その季節の感じを楽しんでいますので、
気温が何度あっても快適...のような気もしていますが (^_^;)

 hkotsw さんが「すこしマニアックなネタです」と書かれていました。私も同類かも :-) 

Permalink / コメント (10) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-11-26 (日曜日)

11月3日、小樽



3日目もいい天気でした。3連休が始まって、浅草橋街園も賑やかでした。
11時前の気温が 15.9 度。
つい3週間前はこんなに暖かい日があったのですね。

平磯公園に向かう前に、日銀通りから手宮線を歩きました。

 

ここのベンチに一日.. せめて半日座って、小樽の風と空気と音を感じていたいと
いつも思うのですが、なかなか実現しません。
 

桜、新緑、夏の陽射しの頃は思い出せても、2月の小樽雪あかりの路の光景は
なかなか思い描けません。何度も見て感激の記憶が積もっているのに。
それは、ここがドラマチックに変わるからなのだと思います。


 ナナカマドもツタも綺麗でした。


 あのプラタナスに夏の青さが残っていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-09-01 (金曜日)

8月4日11時、運河通り

北運河を歩くと、運河通りのハマナスの花も輝いていました。
あれから、まもなく1か月。

Permalink / コメント (1) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-08-07 (月曜日)

小樽の夏の光の中で

画像は、8月4日11時過ぎの運河公園です。
噴水の前で子供たちが遊んでいました。

左は、今年の "雪あかりの路" 期間中の2月17日、
右は、昨日の画像です。
私も、半年の間にこの気温差を体験しました。

小樽の夏の光を浴びて、私の気持もいい日焼けをして、
日曜日の深夜、帰宅しました。

 
しびれるような嬉しい記事 を書いてトラックバックを下さった蕎麦屋親爺さん、
今日の 七夕の短冊の画像を載せて、そしてコメントも下さった米華堂の yagiakemi さん、
私の足取りをしっかり見張りながら(笑)、コメントを下さった
132歳の"探偵"さん、fisherman さん...。

ほかにもたくさんのお礼を、早めに書かないといけないのですが、
とりあえず、帰宅の報告です。
どうも、ありがとうございました!

Permalink / コメント (8) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-06-09 (金曜日)

「寒くないですか?」

 「うん、それは大丈夫。」
 「これでも小樽は、もう春ですよ。」 と
   少女は言った。
  少女がそう言った瞬間から、 世界はいっせいに
  春になった――。 


 ちょうど、あの映画のシーンのように、3日めの5月14日は、
 コートが邪魔にならない気温でした。
 午後はだいぶ暖かくなって、 "はるかの丘" や "風かがやかし丘" を
 快適に歩きました。
 


   あとは、シャツ1枚で、気持よく風を感じました。

Permalink / コメント (22) / トラックバック (0) / 小樽へ

2005-12-18 (日曜日)

運河の月

今朝はふぶいて−4℃ほどでしたが、夜になって冷えてきました。
ちらちら雪が舞って、いま、浅草橋の上に月がかかっています。

Permalink / コメント (5) / トラックバック (0) / 小樽へ

2005-11-01 (火曜日)

夏の記憶


青い空に白い雲。交差点を渡る自転車の影が濃く、潮まつりの準備が。
浅草橋の気温は10時前に25度を超えて、記念写真の子供たちもまぶしそう...。
 今年7月に写した画像をハードディスクから探して、載せてみました。
 小樽から雪の便りが届く前に。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.