「花園グラウンド」のタグがある記事は 18 件です。(コメントの内容も反映しています。)

2013-02-27 (水曜日)

雪のグラウンドをひと回り


右がダメなら左の道へ。今年もこちら側から上りました。

 

今年の花園グラウンドはいい天気!

右へ行ってバックネット裏を回って斜面の上を歩き、
上の画像の中央奥のあたりで道路に下りて、ギンドロの木の間から天狗山を眺めて、総合体育館前へ。
大好きなコースです。いざ!







Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2013-02-12 (火曜日)

雪のグラウンドに立った



2012年2月7日の続きです。
緑小の前から右に上る道は、雪が深くてあきらめました。
ここを頑張って上っても、その先、向こうのバックネットまでたどり着く
自信がありません。
左側の道に足跡があったので、こっちを上ることにしました。

 

総合体育館の雪のグラウンド。

グラウンドを横切って、向こうの端まで歩くことにしました。






上の My Tracks の画像は、かなり正確に記録されていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2011-01-28 (金曜日)

初音橋から花園グラウンドへ 2010年11月

懐かしい散策コース、昨年11月16日の様子です。




Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-12-31 (金曜日)

美しい木々


 11月16日に写した花園グラウンドのギンドロです。

いつかまた、ゆっくり書く機会があると思いますが、
あの夏の絵日記を書いていた頃の私の生家は、南に自家用の畑があって、
東西と裏手は雑木林や松林でした。

今、市の人口は48万人余になりましたが、その頃はまだのどかな田園地帯で、
家のまわりの山野が私の遊び場でした。好きな木をいくつか見つけては
毎日友達のように親しんでいました。

小樽では、花園グラウンドのギンドロや、日銀通りのプラタナスが気に入っています。
手宮線のあのポプラも大好きでした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-11-06 (土曜日)

花園グラウンドの「オタル」

6月17日、喫茶店スタンプラリーで菜はなに行った帰りに、
初音橋を渡って、花園グラウンドに行きました。

ちょうど、体育館正面の斜面で草刈りをしていました。

いつもここに来るのを楽しみにしていますが、
草刈りに出会ったのは今回が初めてです。幸運でした!
 

今までに写した花園グラウンドの「オタル」です。



Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2010-01-18 (月曜日)

総合体育館と天狗山


去年12月22日の様子です。


今回もここに来ることができました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-12-22 (火曜日)

天狗山から運河まで



天狗山の山頂から運河まで歩きました。
あ、山頂から山麓まではロープウェイでした。(^^)
途中、ケータイで撮り忘れた所は後ほど載せます。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-10-28 (水曜日)

花園グラウンドのギンドロ


 グラウンドの向こうに白い葉裏を見せてそよぐキンドロ。



 ぐるっと回ると、天狗山。

先日のFMおたるでもう少し時間があったら、紅葉橋のほかにも、
日銀通りのプラタナス、中央橋から見る運河、そして、
花園グラウンドのギンドロの向こうに見える天狗山も好きです
と言いたかったのですが。

Permalink / コメント (2) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-07-16 (木曜日)

夏草の道

今回の小樽滞在の最終日6月23日は、最上のカネサ珈琲に行って、
洗心橋、初音橋に戻りました。


夏草の道を上ると、ここにもアカシアが咲いていました。

 
 向こうのギンドロの葉裏が光っています。


   懐かしい、懐かしい眺めでした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2009-02-13 (金曜日)

小樽市総合体育館のグラウンド

初めてここに来た時から10年が過ぎた。
ここが私の小樽の原点。

Permalink / 小樽へ

2008-12-31 (水曜日)

光芒のギフト


前回小樽を訪ねた10月の4日間はずっと雨模様の日が続きましたが、
この日は時々小雨がぱらつく程度で、初音橋を渡るころには空が明るくなりました。

グランドの外を回って天狗山の方を眺めた時、ちょうど一条の光がさしてきました。
好きな場所に来てこんな光景に出会えるとは!

 

 総合体育館前のあのギンドロの葉も輝いていました。

  ☆

今年も今日1日になりましたね。
皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-05-23 (金曜日)

花園グラウンドの「オタル」の向こうに


初音橋を渡ってグラウンド脇に上がって、バックネット裏を回って、
総合体育館の前に立つと、正面の斜面に「オタル」の文字が見えて、
ここも好きな眺めのひとつです。

 
上の画像を元のサイズのまま表示してみると、

 「オタル」の文字の向こうに写っていますが、今まで、あまり気にとめていませんでした。
 

 今回(4月20日)、初めて間近に見て、その大きさに息を呑みました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2008-03-18 (火曜日)

ギンドロも雪の中


 2月16日、小樽市総合体育館グラウンドです。

この日は、南側からグラウンドの上を回るコースは無理でしたので、
紅葉橋を渡って、公会堂の前の坂を上りました。
あのギンドロの木もグラウンドも雪の中。

 




Permalink / コメント (4) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-10-30 (火曜日)

総合体育館のグラウンド

9月30日の小樽市総合体育館グラウンドです。
ギンドロの向こうに天狗山。

 


 


 


 


 
 好きな場所です。
 (6月にも書きましたので、今回は画像だけにします。)

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-06-25 (月曜日)

残雪の天狗山と総合体育館グラウンド

天狗山に登って小樽の街を見渡すと、小樽市総合体育館グラウンドの
二基の照明塔の間に、木が見えます。

天狗山から海に向かって歩いて、途中で初音橋を渡って、グラウンドに上ると...。

夏は、ここに立つと、風にそよぐ枝、葉裏の輝きが美しく見えます。
 
今年、小樽の春を訪ねた最終日の5月14日。芽吹きが始まっていました。

   そして...。
   グラウンドの外周を回って近くまで行くと、
   木の向こうに天狗山が見えます。
  


プレイバックです。

 


今年5月14日。

前からずっと好きだったこの場所が、
映画 Love Letter に一瞬写っているのを後で知りました。
(初めから44分ごろの、小樽の藤井邸からタクシーで戻るシーンです。)

  ☆

今まで、この場所の記事はなかなか見つかりませんでした。ところが...
去年12月、webmistress さんの記事を見つけて、懐かしく嬉しく思いました。
  小樽散歩: 冬色

  ☆

この木が何の木なのか、名前を知りたいと思っていました。
今回、思い切って、以前雪あかりの路の時にお世話になった市役所の方に
メールでお尋ねしました。
ギンドロ(別名 ウラジロハコヤナギ)、と教えてくださいました。
ネットで探したら、学名は populus alba ("白いポプラ")でした。
  oNLINE植物アルバム ~ ウラジロハコヤナギ ~

  ☆

今年の小樽春シリーズのエントリーは、今回でひとまずおしまいです。
皆さん、コメントとトラックバックありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

Permalink / コメント (6) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-05-29 (火曜日)

初音橋を渡って



 初音橋を渡って右へ登ると、左に小樽市総合体育館グランド、右下に緑小学校。
 私の好きな散策コースです。

 


 今年5月14日。
 バックネット裏も、その先にも、まださくらが綺麗に咲いていました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック (0) / 小樽へ

2007-05-14 (月曜日)

花園の春

 総合体育館グランド、バックネット裏の桜です。

 画面向こうの、体育館前も満開です。

Permalink / コメント (7) / トラックバック (0) / 小樽へ

2006-09-17 (日曜日)

おたる、夏の記憶 2006


  あの "雪あかりの路" の美しさを忘れてしまいそうになった4日間。
  いい夏でした。
 

 
 あまりのんびりしていると、季節はずれになってしまいそうで...。
 今までの記事で使わなかった画像の "総集編" です。











   2006年夏、小樽。  真夏の日差しに輝いていました。

Permalink / コメント (18) / トラックバック (0) / 小樽へ

索引(タグ一覧)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.