2006/08/25 (金曜日)

8月3日午後8時小樽駅、上弦+1


今回は初めて羽田を夕方発って、小樽に着いたのが午後8時少し前でした。
ちょうど上弦の月が...。(と思ってあとで調べたら、上弦は前日でした。)

hkotsw さんが、すてきな空間・すてきな時間:小樽駅 で、駅の思い出を書かれていました。
 
    今日の『読売新聞』日曜版に小樽が(2006.3.5)

s.fujino : 2006年8月25日 01:52 / 小樽へ
タグ: ,

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

夜の駅は哀愁がありますよね。
夜に着くとなんだかセンチメンタルになります。
住んでいるのになぜなんでしょうか?

小樽に帰ってきたという安堵感なのか、いつもちょっとキュンとなります。

この駅で昔は付き合っていた人と待ち合わせをしたり、別れたりしました。

思いでいっぱいの駅です。

投稿者 yagiakemi : 2006年8月25日 16:18

 

>夜に着くとなんだかセンチメンタルになります。

いつもはお昼前後に駅に着くのですが、今回は、夜に着いて、帰省で
懐かしい街に帰って来たような、いつもと違う不思議な感覚でした。
この時間に来るのもいいな、と思いました。

日帰りで訪ねた最初の年、駅を出たら雪が舞っていたこと、数時間を過ごして
駅に入った時のことを思い出すと、今も懐かしい気持ちでいっぱいになります。

改札手前の左側が、お土産の店になったんですね。

待合室だった頃は知りませんが、食堂は、最初の年(1999年)に入って、
その後も何度か食べました。観光客だけではないような雰囲気も好きでした。
何年目かの時、店の人に「綺麗になりましたね」と言ったら、「内装変えたんですよ」
と答えてくれたり、雪あかりのボランティアの時、出動前の腹ごしらえに、ラム肉丼と
ハーフラーメンを食べたり... いい記憶がたくさんあります。

投稿者 s.fujino : 2006年8月26日 02:32

 

こんばんは
トラバありがとうございます
みなさんそれぞれの思い出があるようですね
僕は東京に就職してから小樽駅が特に変わった様に思います
0番ホームと呼ばなくなったことが一番の衝撃?でした(^^ゞ

少し調べてみたら小樽駅と南小樽駅は昔はつながっていなかったり
3回目の改称で小樽駅になったことなど、小樽駅の歴史を調べる
必要がありそうです

いつかまとめたら記事にします

投稿者 hkotsw : 2006年8月28日 01:22

 

hkotsw さん、こんばんは。
帰省から戻って、仕事も忙しいさなかの様子ですが、
コメントありがとうございます。

車中からの小樽の画像、見ましたよ。
hkotsw さんのブログの小樽駅の記事、楽しみにしています。

投稿者 s.fujino : 2006年8月29日 00:18


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.