« 2009年12月 |メインページ| 2010年2月 »

2010年1月の記事

2010年1月 1日

塩谷の竹田先生、あけましておめでとうございます。

竹田保弘先生、
このブログをご覧いただいている頃は、昌弘様もご一緒に
花園の成田山不動院のご参拝をお済ませでしょうか。

昨年は本当にありがとうございました。
今年も益々お元気でご活躍くださいますよう祈念申し上げます。

 ※皆様への新年のご挨拶は、後ほどあらためまして。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / メッセージ

住吉神社に行きました


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

住吉神社に行きました。
今日ではなくて... 昨年の小樽日記の続きです。:-)

Permalink / コメント (8) / トラックバック(1) / 小樽へ

2010年1月 2日

龍宮神社に行きました


12月23日の様子です。
龍宮神社に参拝したのは6月のお祭りの時以来です。

 

いなほ幼稚園も榎本武揚公の像も雪の中でした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月 3日

水天宮に行きました


12月23日、水天宮にお参りしました。

 
この日は今回の小樽滞在の最終日でした。
遅い朝食をとって、ホテルにカバンを預けて、堺町へ向かいました。
のんびり街を歩いて、午後3時ごろにホテルに戻る予定でした。

     ☆

FMおたるを訪ねました。
水曜日でしたので、横川よしえさんが局にいらっしゃると思って
行ってみたら、会えました。
10月に電話で参加した『くつろぎ運河通り』のMDといっしょに、小樽の
素晴らしいお土産を送っていただいたので、機会があったらお礼のご挨拶を
したいと思っていました。
横川さんは小樽のイベントの司会などもされているそうですが、私は初対面
です。とても魅力的な方でした。

     ☆

堺町の本通りを戻って、小樽キャンドル工房を訪ねました。
「キャンドル工房の2階にもカフェがありますよ」と1日目に聞いたのを思い出して、
ちょっと寄ってみることにしました。

2階のカフェは静かないい雰囲気でした。コーヒーはポットかカップか
選べました。美味しかったです。
外は時々雪が降っていますが、それまでの3日間に比べるとだいぶ暖かくて、
のんびり歩けそうです。
(帰りに駅に向かった時、たくぎんの温度計はプラス1℃でした。)
キャンドル工房の後は、日銀通りに戻って手宮線を通って、もう一度
北運河を歩いてみよう…と考えていました。

   ところが…

お店の方とちょっと話をしたら、
「やっと雪が降って、いつもの冬らしくなりました。こんな日は、
ミツウマから水天宮あたりの景色がいいですよ。」と教えてくれました。

ン? ミツウマから水天宮? 一瞬わからなくて、あ、そうか、
ミツウマのアーチのことだと気がつきました。

店を出て、通りを戻りながら迷ったのですが、まだ時間はたっぷりあったので
水天宮にお参りすることにしました。

     ☆


旧堺小学校の校庭の向こうに天狗山が霞んでいました。
二宮金次郎像も堺小の記念碑も雪の中。(→上の画像の部分です。)
 


東雲のこの坂を歩くのは久しぶりです。
 



水天宮の啄木の歌碑は新雪の中。社殿までは足あとがありました。
 


手すりをたよりに石段を下りました。
   水天宮の参道と外人坂の写真が、hkotsw さんのところに載っています。
   すてきな空間・すてきな時間:29日の小樽を歩く!
 


NHKテレビで、一昨年の『北海道中ひざくりげ』と、昨年の『こんなすてきなニッポンが』
で紹介されていたのを見て、この坂を一度歩いてみたいと思っていましたが、今回は
通りを眺めるだけにしました。
 


花園橋の桜の冬芽はしっかりついているようでした。(→上の画像の部分です。)
 


ミツウマのアーチから花園十字街へ。午後1時過ぎでした。
無尽ビルにも「小樽であったまる」の参加店があるけれど...。

そうだ、ここまで来たら住吉神社へ、それから歩いて龍宮神社にも…。
少し速足になりますが、時間は大丈夫です…。たぶん。

いざ、住吉神社へ!

     ☆

思えば、カフェ・フレームさんのひとことがきっかけでした。
こんなふうにプランが変わっていくのが、好きです。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月 6日

有幌町の深川硝子工芸を訪ねました

小樽に向かうちょうど前日の12月19日、株式会社深川硝子工芸の
出口新一郎さんから「プライムH~北海道ひと物語」のところに
コメントをいただきました。

今回、もしお目にかかれたらと思い、12月21日に有幌町の会社を
お訪ねしました。


 
出口さんは、テレビで見たとおりのにこやかな、情熱的な方で、
お忙しい中を時間をさいてくださって、小樽で作るガラス製品のこと、
雪あかりの浮き玉のこと、耐熱ガラスのこと、有幌町のこと、東京の深川の
ことなどを話してくださいました。

出口さん、どうもありがとうございました。
 
帰りも堺町本通りを戻りました。

ここに写っている店はまだどこにも(小樽堺町郵便局にも)入ったことが
ありませんが、雪の雰囲気がよくて、写してみました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月 8日

雪の出抜小路を歩く

小樽滞在2日目の12月21日、海猫屋でお昼を食べて、
出抜小路を運河プラザに向かいました。


降る雪と積もった雪が小路の先から風に乗って飛んできます。
温かい食事のあとの頬にかかる雪は快感でした。

 
出抜小路は海鳴楼を過ぎて日銀通りに出るまで、と
勘違いしていました。
小樽市の観光基本マップを見たら、堺町のかま栄の
ところまでを言うのですね。*1

いつか機会があったら、ずっと通して歩いてみたいと
思います。
(来月は時間がとれないかもしれません。)

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月10日

天狗山から


12月22日午後2時ごろの様子です。
花園グラウンドと総合体育館の先は雪で霞んでいました。

来る時のバスで、帰りは工業高校までバスに乗らないと無理かなと思って
歩道を見たら、少しの間だけ車道に降りれば、なんとか歩けそうでした。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

もがみ公園も最上小も工業高校も雪の中

12月22日、天狗山ロープウェイの山麓駅から歩き始めました。


もがみ公園は、2007年5月以来です。

 

小樽市立最上小学校の校庭も真っ白。



北海道小樽工業高校。(→校門のアップです。)


雪が降り続いていました。このままもう少し下れば、カネサ珈琲の
熱いコーヒーが待っているのですが...
 

工業高校の下を右に行ってみました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月12日

小樽市立松ヶ枝中学校へ



12月22日、天狗山から歩いて、工業高校の下を右に曲がって、
松ヶ枝中学校に行ってみました。

 

ここから先は初めてで少し不安でしたが、坂を上っていくと建物が見えてきました。



グランドの向こうにサッカーゴールが雪で霞んでいました。(→上の画像の部分です。)


 校門にタッチして折り返し。



振り向くと、来る時にすれ違った生徒が、もうあんなに遠くに。

     ☆

「気が緩んだら滑り落ちそうな急な坂」と、さいとうかずきさんが書いていた
通学コースがこのルートだったのかわかりませんが、松ヶ枝中は今回小樽に
向かう前から楽しみにしていました。

当日は雪が時々かなり強く降って、旅情と言うにはちょっとハードでしたが、
いい時間でした!

     ☆

今日、『もがみ公園も最上小も工業高校も雪の中』の記事にコメントをくださった
ushione さんのところに、昨年秋の写真がたくさん載っていました。
ushione さんの「松ヶ枝中学校シリーズ 」の最初の記事へのリンクです。

 slowlyslope さかみちblog: 松ケ枝中学校の坂道まで

Permalink / コメント (6) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月14日

カネサ珈琲から緑歩道橋へ


 12月22日、松ヶ枝中学校から戻ってカネサ珈琲へ。

コーヒーと、ケーキと、マスターの佐藤さんとのお話で
40分ぐらいゆっくりしました。

 

 ここから先は、いつもの好きな散策コースです。
 季節ごとの光景の違いが楽しみです。



 ♪ 橋の名は洗心橋...なんて口ずさみながら。:-)



 大通りに新しい雪が高く積まれていました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月16日

初音橋のこどもたち


12月22日の初音橋です。
明日は休み、明後日は終業式。

こどもたちの会話は、心躍る冬休みの相談だったのか、
それとも、「あゆみ」の予想だったのか...。
通りすがりの旅人には知る由もなく、いつもの道を急ぎます。 :-)


 ちょうど、グラウンドの上に青空が。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(1) / 小樽へ

2010年1月18日

総合体育館と天狗山


去年12月22日の様子です。


今回もここに来ることができました。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月20日

雪の公会堂 2009年12月


 12月22日の小樽市公会堂の様子です。

いつまでも12月の画像で、それも紅葉橋に向かう途中でちょっと
立ち止まっただけで、気がひけますが ...
もう少しひっぱります。:-)

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月22日

続・紅葉橋に灯りがついた

12月31日の「紅葉橋に灯りがついた」で載せた画像です。


右の画像をクリックして開く大きな画像は、縮小前の左の画像の一部分です。
後ろから来た車のライトが当たって文字が光っていました。

 
 他の画像も並べてみます。


雪と光の感じがいいなぁ、と自分で見とれてしまいました。
これを狙って撮ったのですと書きたいところですが、偶然のショットでした。

Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月24日

雪の日銀通り


左は去年12月23日の午後3時20分ごろ。右はその前日です。
天狗山から歩いて、午後5時過ぎにここまで来ました。この日は冬至でした。

雪あかりの路の時の午後5時はもっと明るくて、雪に空の青さが映っているでしょうね。

画像を元のサイズで見たら、バスは塩谷行きでした。
そうか ... 塩谷に行く時はここから乗る手もあったか。:-)

Permalink / コメント (6) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月26日

スナップ集 小樽2009年12月


 12月の小樽日記をあと2回書きたいと思っています。
 その前に、今までの記事の中で使わなかった画像集です。

 
 ※ひとつずつクリックすると大きい画像が開きますが、スライドショーのページも作りました。












Permalink / コメント (2) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月28日

雪の手宮線ふたたび



 去年12月22日の手宮線です。

雪の手宮線はずっと2月しか知らなかった私が、初めて12月に訪ねたのは、
ブログを始めた2005年のことでした。

その時、
 「スノーキャンドルがともる前の "いつもの冬の手宮線" の光景は、
 2月を外してこの時期に来るのもいいな、と思ったほど美しかった。」

 と書いたのでした。

それ以来、いつかまた12月の手宮線を見たいと思っていました。
願いが叶いました。

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

2010年1月30日

12月の小樽日記、完。



浮き玉を積み上げた運河プラザのクリスマスツリーと
12月22日に写した運河です。

 
     ☆
 
私が好きな中央橋から撮った画像を載せて、2009年12月の小樽日記を
おしまいにします。


なつかしい道を歩いたり、初めてのところにも行って、
いい時間を過ごすことができました。
 
     ☆
 
ふと気がつけば... (気がつかなくても :-)
心躍る小樽の2月が、12年目の2月が
もうすぐ!

Permalink / コメント (0) / トラックバック(0) / 小樽へ

« 2009年12月 |メインページ| 2010年2月 »

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.