2010/10/04 (月曜日)

2010年10月4日



 今日、小樽市分庁舎の4本のポプラが伐採されてしまいました。大変残念です。

s.fujino : 2010年10月 4日 18:00 / メッセージ / 小樽へ
タグ:

関連エントリー

このエントリーのトラックバックURL

コメント

 

小樽駅は昭和9年頃の姿に復元されるそうで、ロッテリアも追い出されたとか・・・。
この辺りも当時の風景に復元するのでしょうね、きっと(^_^;)

お互いに1年ほど小樽へ行くのを止めてみませんか?
きっと小樽の歴史を新しいもので着飾った風景が楽しめると思いますよ♪
(↑あくまでも、個人的な意見です)

投稿者 hkotsw : 2010年10月17日 23:48

 

 こんにちは みなさん!

 今日はかなり冷え込んでいます。

>お互いに1年ほど小樽へ行くのを止めてみませんか?
 お早いお帰りお待ちしています.よ、お二人さん!

 着太りして身動き取れなくなる前に 帰ってきて~!!


PS。いろは堂も もうありません。
 

投稿者 132歳の若者 : 2010年10月18日 16:01

 

こんばんは。

長く小樽を離れていても、小樽はかけがえのない故郷だったはずの hkotsw さんが、
それでも「お互いに1年ほど小樽へ行くのを止めてみませんか?」と書かれて、

小樽に通ったこの11年間に私の目に映った小樽の魅力と、最近小樽で起こった
いろいろな変化を私がどう感じているか多分ご存じのはずの132歳の若者さんが、
それでも「お早いお帰りお待ちしています」と書いてくださいました。

お二人のコメントの重さを受け止めています。
どうもありがとうございました。

2006年1月のコメントで、次のように書きました。
『浅草橋から眺めた景色も、中央橋から運河プラザを眺めた感じもだいぶ変わりました。
私自身は、他にも愛着を感じている場所があり、また自分が知らなかった魅力的なところ
も少しずつ増えていって、それに、2月のイベントの時のこの街の素晴らしさをずっと
楽しんで来ましたので、マンションがひとつ建ったからといって私自身の小樽への思いが
急に冷えることはないと思っています。』
今は、あの時の気持ちが少し揺れています。

お二人のコメントにずばり返事ができなくてすみませんが、いろいろと
考えてみたいと思っています。どうか、もう少し時間をください。

投稿者 s.fujino : 2010年10月18日 22:21

 

こんばんは
一時期ふるさと納税を真剣に考えたことがありますが
今は止めておいて良かったと思っています(笑)

平成7年から小樽を離れたのですが、それからの小樽は
帰省する度に驚きの連続でした。
豊かな暮らしのために町が生まれ変わるのは当然のこと。
でも、それを遠くから客観的に見ていると少々・・・という感じを
受けることが甚だ多いです。

きっとs.fujinoさんも私同様に「ずさん」という言葉に
怒り悲しんでいるかと思います。
(私の場合は他の「ずさん」でも悲しんでいますが(^_^;))


最後にこの詩を

室生犀星 小景異情(其の二)

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや


たとえどん底に落ちて孤独に苛まれたとしても夕暮れに
涙しながら小樽を思い出せばきっと元気に・・・
東京は良いところだと(笑)

機会があれば酒を酌み交わしたいですね。

投稿者 hkotsw : 2010年10月20日 20:39

 

hkotsw さん、
コメントありがとうございました。

是非、またお会いしたいです。
今度は、ゆっくり飲みましょう。つもる話題で。

投稿者 s.fujino : 2010年10月21日 21:27


コメントをどうぞ




 ※お名前・メールアドレス・URLをあなたのブラウザのクッキーに保存しますか?



(送信したコメントが表示されないときは再読込をしてください。)

Copyright © 2005-2015 s.fujino All Rights Reserved.